March 2003Archive

0303302.jpg0303303.jpgこの絵、実はきのう書きだめしといた絵なのだ。最初からそのつもりだったのに、ちょっと心苦しい。せこい嘘つきみたいで。とかいいながら明日のためにまだ一枚とってある。どこまでせこいんだ俺は!最初の一枚はいいとして、二枚目がマッタリしすぎだしなぁ。今は別にエロい気分でもないし。やっぱ落書きなんてその日に見せておくべきだよな。

0303304.jpg蔵出し終わり。
ちょっとスッキリした。
いや、時間がないからさ、毎日まんべんなく楽しい方がいいかと思ったんだけど、こういうやり方は性に合わないみたい。カッコ悪い気がするっつうか、ライブじゃないっつうか。なんか、ねえ。

ってことで3日後ぐらいにビール持って花見の予定。といっても、たこ焼きくって散歩するだけだけどね。だけだけどって、この言い方でいいんだっけ?だけが二回?なんで二回?ラップに使えそう。スミレもいっぱい咲いています。

030330.jpgいつのNEWSなんだかわかんなくなってきた。
前から夜型だったのだけど、新しく始めたバイトのせいでさらに酷いことになってます。これは一応30日分ってことで。ズルはしていないんだけど、自分でもキツネにつままれたような気分。ズル、してないよね?

「ズル」ってよく見るとカッコいいな。
アフリカっぽい。

我 ズルの化身なり
我ズルと共に生き
ズルと共に滅びん
ズルの声を聞き
ズルの導きに従う
ズルあるところに我はあり
ズル無きところには我もない
ズルこそは世界であり我である
ズルあることに感謝を捧げ
ズルのままに生きよ

土人(昔はジャングルに住む黒い人たちのことをこういってたんだよ)の成人の儀式にずっと憧れてました。割礼とか、入れ墨とか、地面につっこむようなバンジージャンプとか、夜のジャングルにひとりぼっちにされることとか。大人になるって恐くてスゴイことなんだ、って、本気で思った。いつそれが起きるんだろ、ってずっと思っていた。逃げ出したいぐらい恐くて大人に押さえつけられながらオイオイ泣くんだろうと思っていた。それなのに恐いことは、変則的でイレギュラーな形でしか起きなかった。大人はどこにもいなかった。ガッカリだよ。俺は勝手に大人になってやる。自分のやり方で。そこらに転がってるような大人面なんてウンザリだ。ぶってんじゃねぇぜ。

自分が生きていくために必要なモノを作ろうと思いました。ダンスが必要だったら踊れるモノを作ろう。遊びたかったら遊べるモノを作ろう。マッタリしたかったらマッタリできるモノを作ろう。冒険したいのなら冒険できるモノを作ろう。癒されたいなら癒されるモノを作ろう。馬鹿やりたいなら馬鹿になれるモノを作ろう。腹が減っているなら腹が膨れるモノを作ろう。ほんとにそうしよう。

僕は冒険が好きです。僕はもっと試されたい。僕はもっと遠くに行きたい。今試されていることをおろそかにしたら僕は先に行けない。地面のないところではジャンプできない。地面を確かめてジャンプしよう。そして次の地面に着地しよう。そしてそして、いつまでもジャンプしていこう。最後の地面は、無くても構わない。それを求めないようにしよう。

09:17
節操のないテクノロジーが好きだ。 節操のない作品が好きだ。 節操のない人間が好きだ。

節操のないふりをしているテクノロジーは嫌いだ。
節操のないふりをしている作品は嫌いだ。
節操のないふりをしている人間は嫌いだ。

テクノロジーなんて本来節操のないものだ。
作品なんて本来節操のないものだ。
人間なんて本来節操のないものだ。

ホントにそうだ。

09:58
大事にし過ぎるな。自分を大事にし過ぎるな。自分の作ったものを大事にし過ぎるな。自分の生んだものを大事にし過ぎるな。他人を大事にし過ぎるな。人の作ったものを大事にし過ぎるな。食い物を大事にし過ぎるな。世界を大事にし過ぎるな。良心を大事にし過ぎるな。両親を大事にし過ぎるな。技を大事にし過ぎるな。モノを大事にし過ぎるな。カネを大事にし過ぎるな。友達を大事にし過ぎるな。愛を大事にし過ぎるな。誠実を大事にし過ぎるな。乱暴を大事にし過ぎるな。嘘を大事にし過ぎるな。ホントを大事にし過ぎるな。

大事なモノは全部の外にある,と、俺は思う。

030328.jpgドメイン無くなるところでした。プロバイダを変えたのにメールアドレスの変更を自主申請していなかったのが原因でお知らせがもらえなっかのです。ただの宣伝メールかと思っていた英語のメールがドメインの更新催促だったことに翻訳してみてやっと判って、レンタルサーバに慌てて連絡を取りました。こういうのってもうちっと融通効かないものなんだろうか。最悪フリースペースに避難かと思ってあたふたしてしまいました。
ふう?

わりとつまらないマヌケでヘマをやらかします。なんか「いらぬこと」は出来るだけ考えたくないという傾向があるようで、「今は考えなくてもいい」と決めてしまったことには決定的に無頓着になってしまうのです。そのぶん見極めが悪かったときにはダメージもデカイというパターンになりやすい。基本的にはそのダメージにめげたりふてくされたりしないでいられるのであれば、どんな損害がでようとそのやり方を通せばいいのだと思っています。逆にいえば、はた迷惑なほど取り乱すようであればもっと慎重に考えておけよと。

でもねぇ、そんなに先が見通せるわけはないので、やっぱりパニくったりしてしまうこともあります。
ありますよ、そりゃ。
それでもそんなときには「しっかりしなきゃ光線」が誰でも出るものです。で、わりと自分は「しっかりしなきゃ光線」をダメージの大きさに応じて出したがるタイプのような気がします。危ないときほど燃えるんです。その前にダメ?ジ出ないようにしとけって話でもありますが、でちまう時には出ちまうわけですからね。ええ、もう、とりあえず気張っておくしかないでしょ、ってなるようです。いいんだか悪いんだかわかりませんが、振り回されるだけよりはましかなと思いつつ今日もお休みの時間のようです。

0303252.jpg今日はあったかい!桜もチラホラ。春はもちろん嫌いじゃないけど落ち着きません。絵なんて描いてる場合じゃないって感じ。アレやアレやアレでもしてる方がよっぽどいいでしょう。夏もそうだ。絵なんて描いてる場合じゃないって感じ。あんなことやあんなことやあんなことをしてる方がよっぽどいい。もし南の国に住んだら作品なんて作る気がなくなるんじゃないだろうかとよく考える。そしてほんとに住んでしまったら、それならそれでもイイかも、と思ってしまうかもしれません。そんときは仕方ないやね、でも、南の国なわけだから、一年中あったかいわけでしょ。一年中あったかかったら、あったかいからといって落ち着かなくなったり、動きたくなったりしなくなるかもしれません。逆に一年中冬のように過ごせたりして。それはそれで悪くないな。なんだ、結局何でもいいのか?この俺は。何でもいいのが正解だろ。きっと。

030326.jpgむー、この手の絵はペインターだと上手くできないなー。フォトショップで慣れすぎていてなぞっちゃうみたいだ。30分ぐらいで遊ぶには無理がある。よく描いていたようなモノほど馴染みのツールから離れるのが難しいみたいだ。

それはどうでもいいんだけど、階段が好きです。大好きです。線路みたいだし、骨みたいだし、とにかくカッコいい。建物や車両や山なんかに階段がついているだけですごく魅力的に思える。非常階段、螺旋階段、梯子、縄ばしご、自動階段(お約束)、どれも好き。動きを想像させるところに意志を感じるのかもしれない、などとたった今思ってみたりしました。一段でも階段。一段の階段も好き。一段の階段に座ります。ボケーッとしながら。そして階段的思考を巡らすのです。階段的思考は頭の散歩。高い空を飛行機が飛んでいけば飛行機にジャンプするし、目の前をネコが歩けばネコにジャンプする。そして気が付くとお尻が冷たくなっているのです。

030325.jpgどうも最近無理があるなぁ。
サイトを作ったり、絵を描いたりする時間がぜんぜん取れない。予定では4月ぐらいからはリズムを作って時間が取れるようになるつもりでいるのだけど、ちょっと心配になってきた。最悪の場合はこのNEWSを止めて、その分を作る時間に回すしかないかもしれない。これのためにサイトやってるわけじゃないし、中身が作れなかったら話にならないもんね。

前にこのNEWS自体がプロジェクトなのかもしれない、ということを書いたけど、それはそれでアリだとは思う。その場合には今までみたいなパターンではなくて、ある規律に沿ってやっていくようなことになるけど、それは不可能じゃないと思う。うん、出来る気がする。でもそのやり方だと表現の幅はかなり限られることになりそうだ。絵物語や博物誌的なことは出来ても、ゲーム的な表現は出来ない。それはまずい。やろうとしているプロジェクトに自分が求めていることって、Webが表現の場として相応しく、それ自体がここで表現されなければ意味をなさないような、作品としてのサイトを作ることだったりする。つまり、書いた絵をスキャニングして見せるだけみたいなのではぜんぜんダメで、本にすることを前提としたようなものでもなく、Webだからこそ出来るような表現になっていないとダメだということだ。それはやはりよくいわれるところのインタラクティビティだったり、アニメーションだったりするようなことなのだ。そしてこういうことは、このNEWSを書くようなスタンスではどうしても作れない。もっと潜行しないとダメだ。とりあえず4月いっぱいぐらいまでは様子を見るつもりだけど、どうしても上手く行かないようならこのコーナーは本来のお知らせニュースコーナーにしようと思いました。そうなってしまった場合は許してね(続けたいのはやまやまなんですよ。ホントの話)。

......... Older »
Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds