←ボヤーン au by KDDIによるNEWS第二弾!w(^o^)w →

20030324: スピード違反

030324.jpg10年ぶりぐらいでスピード違反で捕まっちゃいました。
朝っぱらからねずみ取りなんてやるなよ!しかも40キロ制限って何よ!28キロオーバーですと?!1万5千円って、月末までって、それはあんた、ワタクシの一ヶ月分のアルコール代じゃないの!

と、帰ってくるまではふてくされていたのですが、寝て起きたらサッパリしてしてしまいました。俺も大人になったのね。しかし机の前で調書を書いていた婦警さんの口紅は怪しかったなぁ。シルエット作りすぎ、てかあまりにも元とかけ離れていて、作ってる意味無いし、色も強すぎて舞妓さんみたいになってるし、そのあまりの下手さ加減が可愛く思えたりもしたのだけど、まあそれはいいとして、なんでああいう時ってどうでもいいようなディテールが鮮明に目に入って来るんだろう。座面の破れた折りたたみ椅子からちょっと覗いたスポンジとか、安全靴からちょっと覗いた靴下の端のほつれとか。そういうときの独特な意識の集中し具合というか、ハイな感じというのは嫌いじゃなかったりします。たぶん微妙に脳の中のドーパミンだかなんだかが、過剰に放出されているんでしょう。

前に桜を見に行ったときに(ちょっと酔っていたのですが)、ふと目に入った一輪の桜がそこで今咲いていることが異常にリアルに感じられて、まわり中にそのリアルが同じリアリティで存在していることに圧倒されてしまい、メチャクチャ興奮した覚えがあります。なんなんだ、このパワーは!って感じで。ディテールの集合として全体がある。全体としてのディテールに意識が行き渡る感じ。上手く説明できませんが、とにかく夥しいリアリティなんです。そういうときは、俺は今まで何を見て生きていたんだろうという気になります。ひょっとするとそれはただの過剰すぎる意識なのかも知れませんが、作品を作っているときに求めているものとすごく近いし、大事にしたいなぁといつも思うのです。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /345

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds