June 2003Archive

kingyo.jpgkingyo2.jpgkingyo3.jpg今日、ガラージュやプリントサンプルの包装の材料なんかを漁りにジョイフル本田という超大型ホームセンターに行ったのですが、そこのペット売場で撮りました。なんか綺麗だったので。

前のNEWSでも一回紹介しましたが、このお店、とにかくでかくて品揃え豊富で安いんです。でも今回はスペシャルボックス用の箱とかに変なものないかなと思って行ったので、その辺の収穫はありませんでしたけども。知り合いにアクリル職人が居るのでちょっと相談してみようかな。

あと設定画集のための印刷情報を探していたら良いサイトを見つけました。個人でやっている印刷会社みたいで、上のバナーをクリックすると小ロット印刷についての有益な情報がとても親切に書かれています。コピー機もかなり進化してるんですね。出力結果を見て確かめてみたい。しかし10万ぐらいで出来るんだったら、部数作ってもいいかなと思ってしまいました。これだった2000円ぐらいで売ることが出来る。でもそんなに欲しがってくれる人がいるか疑問ですが。マニュアル兼だったら悪くないけどどうなんだろう。悩むなぁ。

世界の車窓から。
今日は、
千葉県の夏の夕暮れをお楽しみ下さい。
_______________________

ヒグラシが初鳴きしたので変なもん作っちゃいました。音だして画面大きくしてみて下さい(大したもんじゃないけど)
flashです。92kあります。
ガラージュまだなんもやってません。スマン。
これからちょっとやります。

しかし久しぶりにflashいじったらすっかり忘れていた、くそう。忘れるの早すぎだよ、ってちょっとしかいじっていなかったもんなぁ。やっぱり一度ぐらいはいじり倒すぐらいやってないとダメですね。もっと遊ぼう。

label_test.jpg
ラフデザインを実際にプリントしてみて、用紙や大きさ、色合いなんかをチェック。ただ、箱の厚みがちょっと厚いのが気になる。コンピュータ用のソフトのパッケージってやたらデカイでしょ、凄そうに見せるために。あれが嫌いなんです。

いっぱいの大きさでプリントを入れるから面積的にはいいのだけど、厚みに必然性がない。既製品だからしょうがないけど、せめてこの半分ぐらいだったらと思う。特注は出来ないので諦めるしかないですが。なんか良いアイデアはないかなぁ。

030627_bub.jpg
ガラージュの主人公の原型になったモデルの雌型を久々に引っぱり出してみた。大きさは14センチぐらいかな。型はなんとか使えそうな気配。これを作ったときはゲームになるなんて思ってもいなかった。

自分にとってガラージュはそれまでやっていたことの集大成みたいな所があった。ゲームと言うよりもゲームという文法を借りてある世界を体験してもらいたいと思っていた。今のレベルで見るとショボイところが目に付くと思うけど、本質的な部分での魅力は3Dのクオリティとかそういうところとは別にあるものだから、気に入ってもらえる人にはそれなりに楽しんでもらえるだろうと思う。

ところでこいつ、ゲームみたいに線路の上を走らせてみたい。モーター仕込んで。そんなに大変じゃないと思うけどいざやるとなるとけっこうな手間だな。

骨だけの亀が僕が持った棒を登っていました。
甲羅はゾウガメみたいに丸くて六角の亀甲はツルツルしていて、何故ツルツルしているのかというと、交尾の仕方が後背位ではないからだそうです。足は八本でカクカクと素早く動きます。割と長くて白いヤシガニみたい。僕は「ああ、骨しかないのに生きてるんだ、コイツ」と思いながら棒を持ったまま観察を続けているのでした。

という夢を見ました。
なんか面白かった。夢って嬉しくなったり苦しくなったりする夢と、すごい客観的に醒めた感じで不思議なことを体験する夢がある。客観的な夢の方が先(遠くというか、起きているときにあまり意識できない感覚とか)を見ているような感じがするんだけど、どうなんだろう。

ガラージュ、今日は時間がなくて全然進んでません。そんでもって明日も時間ない。明後日からまたやります。
jugong.jpgこの絵はきのうウェブテントっていうとこの絵板で描きました。近頃流行りの「カレーパンの歌」の発信元です。知らない人は急げ!

この絵、かなりディテールがガラージュぽい。
なんか、なんのひねりもなくそのまんま描きたいものを描くってのも悪くないよなと思って描きました。あ、この言い方は誤解を招くな。写真的、西洋透視法的に喋るように描くって感じです。漫画の背景みたいなもん。たぶんそれだけで成り立つような描き方だってあるんだって気がします。この絵じゃちょっとですけど。

garage_private.jpg
箱の大きさはA4サイズ。厚みは40mmぐらいです。封印シールはゲームの中に出てくるポスターを使う予定。いっぱいあるので箱ごとに変える。

気になる中身はCD-ROM(ゲーム本体。マニュアルは今回主に金銭的理由でHTMLで行こうと思っています)。A4サイズのプリント一枚。これはシェアピースと同じ品質のもの。今のところの予定はポストカード用に描いていたCGか、その原画に使った鉛筆デッサン、もしくは上のラベルでも使われている主人公のデッサンを予定しています。希望などあればBBSの方にでも。あとゲーム攻略用の白地図、これは正規版と一緒。さらにオマケとして蛙カードか封印シールに使っているポスター集を入れようかなと思っています。もう一つのアイデアとしては正規版の箱のデザインを展開図としてプリントして、組み立てようにするってのも考えてる。レーベルやインレイカードのデザインはこれから。

スペシャルボックスの方は木とかアクリルの箱を考えています。中身としてまずやりたいのは設定画集。最近のコピー綺麗なんでコピー本でやりたい。あとは前に作った(ニュースの写真でも載せた、って今みられないけど)主人公のキャストモデルを入れたいんだけど、型が使い物になるか微妙なので試してみる予定。それとゲームに登場する運動靴を再現するって話も。こっちの方は趣味みたいなものなので、それ自体作品って感じにしたいと思っています。

......... Older »
Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds