July 2003Archive

030701.jpg030701-2.jpgバイクの電気が点かなくなったせいで久しぶりに電車に乗った。そんなわけでカメラを動員してみたのだ。あんま面白い写真無いけど。

写真が楽しめる理由っていくつかあると思うのだけど、どれもあまりしっくりこない。思いつくままあげてみると、色で見せる、違和感で見せる、主観で見せる、被写体の強さで見せる、コンポジションで見せる、思い出で見せる、他にもあるかもしれないけど、これらの内、色やコンポジションに関しては絵の方がずっと面白いと思う。自分で面白いと思えるのは主観(アラーキーとか)か被写体の強さ(ドキュメンタリー)だ。そしてたぶん一番興味があるのはドキュメンタリーの延長上として架空の被写体を作り出してそれを撮ることだ。これはドキュメンタリーとは言わないのかもしれないけど、被写体で見せるという意味では自分の中ではあまり変わらない。ジオラマに惹かれる理由もたぶん共通しているんだろうと思う。でも本気でこれをやろうと思ったらとりあえず絵は描かなくなると思う。

関係ないけど、写真というのは全て「念写」なのではないかと考えてみた。ずるい仮説だけどある意味ほんとのことだと思う。

いつもの如く起きてみたらお出かけタイムのパターンにハマってしまった。大急ぎだ大急ぎ!そこまでして書くんかい。まあな。なんでだよ。なんでかな。だって書いてあるのと書いてないのとじゃ大違いでしょ?そうか?クソみたいな文章読んでもしょうがないんじゃない?でもクソじゃなけりゃいいわけだ。そりゃそうだ、ここまではクソだけどな。クソでも許すっていったんだっけ?言った、言った。クソなら止めとくにする?クソでも止めない。だってほら、どんなクソでも出るものは出さないと。ああ、上手いこと逃げやがって。へっへー。てかこのクソ野郎!

こうして悪魔ちゃんと天使ちゃんならぬ日常ちゃんと作者ちゃんの戦いは日々繰り返されるのです。やれやれ。って、もう行かなきゃ。また明日ー!

hanabi9.jpgどんなに忙しくたって花火だけは行くんです。何をおいても行くんです。歩いていけるし、もうずっと行ってるし、大した時間じゃないし、なにより好きなんです。

hanabi6.jpgてわけで、サンドイッチとビールを持って花火見物に行って来ました。でも今年の花火はずいぶん様子が違っていたな。音楽鳴ってるし、アンパンマン花火(一応顔に見える)やらドラエモン花火(これはちょっと厳しい)やらキティちゃん花火(なんとか判別できる)やらのこどもに媚び媚びプログラムもあるし、いや笑って流すけどさ、取り敢えず音楽は無しでお願いしたいって、そうも行かないのか。でもまあ花火なんで、しかもこの俺がデジカメ持って出掛けるようなんだから、どっちもどっちだぁね。写真なんて撮っていたら楽しめないこと甚だしいったらありゃしない。でもとにかく花火なんで写真は前半でとっとと切り上げて、後半は手ぇ叩いて声だしながらしっかり楽しんできました。

ru000030.jpgru000031.jpg

ru000032.jpgru000033.jpg
ru000034.jpgru000035.jpg

SKILL_000983.pngIMG_000061.jpgru000036.jpgru000037.jpg
ラクガキしてたらすっかりここのことを忘れていた。やっぱり両立は難しいな。

これからたまった仕事をせなあかん。
仕事がたまっているときに限って関係ない絵を描いてしまうというこの法則はどうにかならんものだろうか。


jugon1.jpgこれはウェブテントで描いた4コマ漫画。

いきなりアツナがきおった。
ヒサキまであれほどヒアリだったに、テンコの高くダイジリの強いこと。ほれフタリミがあんなにカッキリと。ルはマシロくダイジリに焼かれ、エンエンと続いておる。カワモはヒサキまでのシトリを集めミナミナゆうとる。モサコはドサドサと茂りコウベのテンをごついハグロメガネがユタユタと飛んでいきよる。ほれ、そげにモサコの上、たいそなメンコビラがさいとるぞ、なんとまあメショボるよなダイダイじゃ。ナマチ人なぞこぞってきおってナザオの並びの見事なことよ。アツナじゃ。アツナの始まりじゃ。メェからヨボくれとるがリンとしたメンコが歩いてきよる。ヨボメまでアツナに誘い出されて来よったか。ヨボメのマシロのコロモロの、なんとヒアリしことよ。

対訳:
いきなり夏がきやがった。
昨日まであんなに涼しかったのに、この高い空と強い日差しはなんだ。ほら影があんなにくっきりとしてやがる。道は真っ白に日差しに焼かれどこまでも続いているし、広い川は昨日までの雨を集めてナミナミしてるぜ。草木なんざウンザリするほどギッシリと寄りかたまって、その上をでかくてカッコいいヤンマが我が物顔で飛んでいく。そこの茂みを見てみろよ。なんて立派な花なんだ。目がつぶれるほどの黄色じゃないか。釣り人なんて誰も彼もが我慢できずに出てきやがって、釣り竿が行列を作ってら。夏だ。夏が始まったんだ。おや、前から小さくてお上品なおばあちゃんが歩いてくる。ばあちゃんまで夏に浮かされたか。ばあちゃんの白い洋服の涼しげな佇まいといったら例えようがないことよなぁ。

ru000029.jpg今朝バイクで走っていたらとってもいい気持ちでした。空が高くて、風が吹いていて、雲がいっぱいで、高い雲と低い雲は形が違って速さも違って、低い雲は速く、高い雲はゆっくり。すき間には濃い青の空が見えています。いつも通る道なのに、どこを走っているんだかわからなくなってくる。行ったこと無いけど、ブラジルのスコールのあとでもヒマラヤ山脈の上で雲が通りすぎた後でも同じような気持ちになるんじゃないかと思えるような新しさ。世界が新しいって素敵です。そろそろ梅雨も明けるんですね。

届いた人は楽しんでいただけたでしょうか。

前回のプレゼント企画のおかげで読者が二倍ぐらいになったので、宛先漏れや二重送信がないかちょっと心配です(アドレスは十分注意して管理しているのですが)。それと二人ほど戻ってきてしまった人も居ました。アドレスが間違えているのかプロキシサーバのせいなのかはたまたメールサーバが死んでいたのかわかりませんが、心当たりのある方が居たらメールをくれれば再送します。もし不具合のあった人とかもいたら教えて貰えるとありがたいです。

それと【ル:通信】の中でもお知らせしましたが、キネガワ堂で扱う予定の本やタロットカードについては、ページはまだ出来ていませんがメールでも注文を受けつけています。興味のある人は取り敢えずメールを下さい。

業務連絡みたいな内容だけじゃつまらないので【ル:通信】でも紹介したサイトを一つ[Amorphic Robot Works]。このサイトで紹介されているパフォーマンスビデオには痺れました。カッコいいです。

......... Older »
Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds