←チムリク版ニュース おう、おう→

20031020: ネギ洗い場

negi.jpgnegi2.jpg近くにあるネギ洗い場です。今でも現役です。
とっても好きな場所なんだけど、この写真はとってもつまらなそうに写ってます。

昔この辺は畑や田んぼがあったところで、いかにもって感じの牧歌的な景色だった。中学生の頃に偶然自転車でぶらぶらしていたときにここを通りかかって、こんな田舎みたいな場所が近くにあるとことにちょっと興奮したものです。このネギ洗い場は沼なのか水が沸いているのかわからないけど、それよりもずっと昔から使われていたんでしょうね。今でも水の底を覗くとザリガニがいます。こんな場所なのに。住宅街にポッカリ空いたこんな小さい水たまりに生き物が住んでいるってだけでワクワクする。上の小屋はネギを束ねるひもや段ボールを入れておくための小屋のようですが、これがさらにイイ感じを出してこっそり感を強調しています。

こういう場所を見ると、頭の中にいきなり異世界が出来上がるような感じになります。あの水の中にはひょっとしたら主みたいなヌメヌメした生き物がいるかもしれないとか、上の小屋には密かに閉じこめられている老人が住んでいるかもしれないとか、夜中になるとここに入水しにくる気のふれたおばさんがいるかもしれないとか、実は水の底は暗闇の世界の入口になっているんじゃないかとか、そりゃもう映画一本撮れるんじゃないかってぐらいいろんな事が頭の中に浮かんでくる。こっそりしていて、不潔そうで、でもそこには何かの気配があって、見捨てられていて、どこにも属していなくて、粗末で、空間が甘くて、そういう場所には自分がしてみたい冒険が眠っているんです。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /552

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds