←個展レポート 豚の 姿 をした カエル→

20040113: 腐食

移動する空洞のブリキのカタマリ
関節を持たない歯車
回転と摩擦と衝突
削られる0.005mmの表面
ほこりを巻き込み
回転を鈍らせ
異音を発し
遅くなり
軋み
止まる
手前で
躊躇する
運動に
欲情が
加速する
月の光
を浴びる金属
の表面は
吸い込みあるいは反射し呼吸が
酸化を促進する
腐食も生であると
意志の外で意志もなく
腐食としての生だけがある
腐食としての交換が
あり
腐食こそは生産
であり
それこそが
ここに
ある

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /627

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds