April 2004Archive

040429.jpgガラージュ私家版のために、お試し用も含めてチムリクがごっそりと買いだしてきた紙とインク。しめて4万円也。これからプリント地獄アンド内職地獄が待ってます。そわそわ。

曇ったり、雨が降ったり、晴れたり。きのうは風が強くて春の嵐って感じだったし。

天気に翻弄されるのって嫌いじゃない。普段眠っている自分が目を覚ます。たとえその時間に不快になったとしても嫌いじゃない。不快よりも大きいんだ。呼び起こされる眠っているものの方が。だから、不快かどうかは大したことじゃない。不快なのには変わりがなくても。

不快に固執してしまい勝ちだ。日常は。別に坊さんのように超越したいわけじゃないし、そんなことはどうでいいんだ。ただ、不快に負けて、それを言い訳にするようには生きていたくないし、そんな風じゃなくて、起きている変化に対して自分の体の中に生まれる反応をよりよく感じたいと思う。

「可能性」は、必ず不快であり得るものの中にしかない。つまり、不快でなかったとしても、それはたまたまそうであっただけで、どう考えても不快にならないようなものには「可能性」は宿らないだろうと思える。

そして今は曇り。春の曇り空は素敵です。

ガラージュが出来て、作品の中身は別としても、ちゃんと注文しくれた人の手に渡ると、自分としては[ru]で試したかったことの半分はやってみたことになる。とはいっても作ろうと思ってまだやっていないバイクのページやグッズページなんかはあるんだけど、それでもサイトの機能としてはやっておきたかったことはやったかなという感触は得られるだろうと思う。

この半分というのは簡単にいえばネット上で出来る自己プロモーションと商売の可能性だ。ガラージュはたくさんの人が関わった物でもありそれなりの開発費も掛かっているし、商品価値としても流通の可能性を既に持っている商品だ。そのぐらいのクオリティの物を個人が売ったら、どのような結果が出るのかということも、ガラージュを販売する上で知りたかったことの一つなのだ。金の話をすると醒める人も多いと思うけど、やりたいことを実現するために金のコントロールを自分でするというのは恥ずかしいことでもなんでもないし、むしろその可能性はもっと積極的に模索されるべきだと思っている。他人の金で好きなものを作るより、自分の金で好きなものを作る方が自由に決まっている(少なくとも作りたい物が自分の中にある人間にとっては)。だからネットでどれぐらい可能なのか、そして今後にどれぐらいの可能性が眠っているのか、その感触を知りたかったのだ。今のところ手応えは充分にある。ガラージュがではなくて、ネットそのものには自分が期待している可能性は眠っているように思える。今はしょぼくても。

そして後の半分はというと、それはもちろん作品を楽しむ場としての可能性だ。こっちはただ絵を見せたり、お絵かき掲示板を試したり、シャレで絵を動かしてみたりするぐらいしかしていない。作品を作る人間としては、こちら側のアプローチをこそやりたい。ガラージュ販売に漕ぎ着けるために、随分と自分の気持ちをセーブしてやってきたので、やっと解放される時期が近づいてきているわけです。

電車の中で何度も寝そうになってしまいました。乗り物に乗っているときはほとんど寝ない人なんだけど。無理してるときはやられやすいよね。さっさと直そう。

040425.jpg久々の電車ラクガキ。
これは夜の電車の窓から見えた何も書いていない看板です。ちょっと自分好みに変えちゃってますが。

走っている電車の窓から見える一瞬で通り過ぎちゃうような景色がやけに記憶に残ることがあります。それは蛍光灯のついた待合室だったり、激ローカルな電飾看板だったり、踏切で待っている子供だったりいろいろです。ほんとに一瞬で通り過ぎてしまうのに、何かが引っかかる。

子供のときに、車でも電車でも窓から景色を眺めているのがほんとに好きで、いつでも何一つ見逃すまいとして窓に張り付いていました。あるときはクワガタのいそうな雑木林を探していたり、ある時は宝物が眠っていそうな掘っ建て小屋を探していたりといろいろなんですが、それでもそんな思惑とは関係なしに、ふっと心の中に滑り込んでくる景色があるのです。それは、なんか、ある種のパスポートみたいな物なのかもしれないと、今思いました。

ずっと春のいい天気が続いています。切なくなるぐらい。なぜ切なくなるかといえば、それはいい天気と共に生きていないからでもあるわけですが、ほんとに共に生きていたら、たぶんもっと切なくなるでしょう。つらさに耐えられなくて喜ぶしかないぐらい。だから今の自分は切なくなんかないのです。残念なことに。こういうときに「切なくなるぐらい」なんて表現を使うのは最低だと今思いました。酒を持って縁側に出ます。

未だかつてないほどサボってますね!このNEWS。
「あ?、また更新してねぇじゃん、なにやってんだよ、サクバの野郎はよぉ!」と、お怒りの方もいるかしら。かしらってなんだよ。まあいいか。

なんだかほんとにやることありすぎなんですってば。ですってばってなんだよ。いや、もうやめとこう。とにかく女言葉になっちゃうぐらい忙しいんですのよ。3つとか4つとか同時に仕事するって自分でも訳分かりませんわよ。

それはともかくガラージュは売れてます。いいんでしょうか。既に130部以上の予約が入っています。「そんだけ?」なんて思う人もいるかもしれませんが、だってあなた、動作保証無しの宣伝無しのネット販売の前金予約ですよ?その上一日400アクセスぐらいの個人サイトがやってる企画です。あり得ない数です。本家のガラージュサイトは長いんで、そこそこ潜在層はいたのかもしれませんが、それにしたって驚きの売れ行きです。有り難いことです。ほんとに。あとパッケージはクソ忙しいなかでも鋭意制作中です。これもほんとに。

しかし去年の夏ぐらいから忙しくなり始めて、それがいまだに続いているわけですが、ご飯とかまったく自分で作らなくなってしまって、冷蔵庫を開けてもなんのレシピも思い浮かばなくなってしまいました。かなり悲しい。だいたい作る気が起きないんです。忙しいって怖い、つうか、ダメでしょ。世の中のおじさん達がどんな風にダメになっていくのかがちょっとだけわかったような気がしたかも。

......... Older »
Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds