←麻婆豆腐にはまっている 愛の定義その3→

20040926: 夜になって雨が降ってきた

夜になって雨が降ってきた
夜になって雨が降ってきた
夜になって雨が降ってきた

急に涼しくなった

急だなぁ

秋雨前線が降りてきて
冷たい空気も降りてきたんだ
ということを
テレビで見たので
それが起きたんだと思った

これからどんどん涼しくなってくんだなぁ

草の虫もたくさん鳴き始めたし

草の虫は木の虫が木に近いよりも
草に近い
見た目が似ているだけも知れないけど
そんな風に思ってしまう
そしてそれは秋っぽい

意味わかんないけど
出来事がそんな風にまぎれるのは
秋っぽい感じが
なぜかする

秋は分解の季節
だからだな

せいぜい生きたエネルギーの残骸が
分解されるんだ
冬も生きる生き物は
それを感じてせいせいするんだ

なんでせいせいするかといえば
一人ぼっちに近づくからだ
勢いだけでうるさかったものは消え
どうにかしなくてはいけないものだけが
どうにかしようとする季節だ

今年は彼岸花の写真をアップしなかった
見たけど

そんな風に小さなことが変わっていく
その思いはセンチメンタルかもしれないけど
それだけじゃない

このサイトのこの文章を書くことで
いろんなことを復習できた

復習は必要なとき以外は必要ない

ああ、そうなんだよ
必要ないことがもっとわかったほうがいい

そぎ落とすことのリアルに
もっと向き合わないと

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /829

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds