←「ポプラの秋」 トヨタづくし→

20041027: 自由なオモチャ

このところ割と(いつもか…)饒舌気味なサクバですが、これは明らかに本を読んだり映画を見たりしているせいです。つまりウンコの再生産をしているわけです。俺の書く文章はほったらかしだったり、端折ったり、なげやりだったりして、プロ的な意識はほとんどなくて、たまに本気の文章が必要になると、思い出したように他人の文章を読んだりするのです。でもそれは、いきなり勉強を始めるようなそういう感じでもなく、努力をしているという感じでもなく、なんかそうしたくなるからやっているだけだったりするのです。そうじゃない時はというと、まったくといっていいほど文章なんて読まないのです。小学生の低学年のころに、褒められたかったり、自慢したいがために本を読んでいたような時期があって、それ以来本を読むのはあまり好きではなくなったように思う。そしてそれは本だけじゃなく、映画や音楽や漫画や絵にさえも言えるような気がする。なんてことだ。不幸なやつ。

唯一そのような呪縛から自由だったもの。それはオモチャ、もしくは模型だ。

たった今、これを自分で書いていて、笑っちゃうけど、目から鱗が落ちた。そういえばさっきキキリに「今日は大吉です」と言われたところだった。何が分かったのかはっきりしないけど、分かってはいなくてもはっきりしたものがあった。書いてよかった。説明は、いつか出来るかも。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /859

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds