←便器って 想像力と発見→

20050130: 好きなもの

好きなものってなんだろ。それってただのノスタルジーじゃないのか。と思ったけどそんなことないな。好きな物にも二つの側面があって、それは要するにエロスとタナトスなわけで、ノスタルジーはエロス的側面で、タナトス的側面はというとパイオニアなわけだ。これを父と母に置き換えてもいいわけだが、両方好きってことが好きってことのほんとの意味なんだ。両方好きって事はだよ、同時に好きって事じゃなく、今日はこっちが好きで、明日はこっちが好きだったりするってことだ。で、好きって事が教えてくれるのは、そんな自分と同じように、他人とか虫とか木とか風とか科学とか経済とか、そういうもの達もやっぱり同時にどっちかになることは出来なくて揺れているもんなんだから、それをよぉくわかっておきなさいよ、って事なんじゃないかと思ったんだ。でも、それでも中立ってことがいいたいんでもないんだよな。たとえば多様性に向かうようなベクトルはあるはず。そうじゃなかったら面白くもなんともないもの。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /910

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds