←夏の朝 無名への欲望→

20050708: ビデオゲームにおけるリアリティの欠如

ゲームというメディアは面白いと思うのに、自分が興味を持つ作品が少ない理由の一つが思い当たったような気がした。

フィクションとして構築された設定情報があまりにショボイのだ。ハマらせるためのリアリティのある世界が提示されていない。

これはもちろんビデオゲームの話で、純粋にルールを楽しむアナログゲームの話ではない。もちろんシステマティックなビデオゲーム(アクションとかパズルとかシューティングとか)の場合にはこれはそれほど当てはまらないけど、RPGなどのバーチャルワールドを前提としたゲームではリアリティの欠如は致命的なのではないかとさえ思える。利用出来得るコマが利用されていない。もっととんでもない情報量を含んだ世界で遊んでみたい。深さが欲しい。

こういうのって、ひょっとしたらゲームという文法から見れば邪道なのかもしれない。システムこそが情報を提供し、システムがゲームの価値の本質を左右する。確かにそうだ。でも何でもアリでしょ?俺はそういうのを遊んでみたいのだ。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /978

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds