←作りまくり 照明効果→

20060313: 雛形論とかを

雛形論、もしくは模型論をぶちかましたくなった。
洞窟壁画から始まって、学習用の遊び道具としての玩具、宗教用のヒトガタ、産業革命以降の解剖模型や実験用模型、博物館のための模型、ジョセフ・コーネル、ハンス・ベルメール、見世物用フェイク生物、鉄道模型、プラモデル、フィクションから始まるスケールモデルとしてのガンプラ、フィクションを科学から発想する架空生物の方法論、雛形の最前線としてのゲーム、そしてスケール感そのものをゼロから定義し直す世界の構築方法。

論はどうでもいいけど、ワクワクしすぎる。

3/13(Mon) 14:46
   手に脳がついていると仮定してみる。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /1006

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds