September 2006Archive

229649257_110.jpg229649257_143.jpg229649257_181.jpgご無沙汰もいいところのひさびさ日記です。

個展が終わってからの四ヶ月、いったい何をしていたかというと、ひたすら自転車で遊んでいたのでした。大昔からの俺の本を読んでいる人はご存知かと思いますが、乗り物大好きなんですよね。それが乳母車であれトラクターであれ蒸気機関車であれF1であれ、そして自転車であれ。んでもって一度夢中になると止まらないという。自転車なんてカムバック組ですから、いってみれば下地が出来ているわけでして、あっというまにハマってしまったと、まあ、そういうことです。おかげさまで新しいブレーキのアイデアやら、カーボンフレームのアイデアやらが頭の中をグルグルしまくっているという、とってもしょうもない子になってしまいました。

とはいえ秋です。
秋といえば引篭もりの心躍る季節です。遠くに行きたい少年が切ない思いで胸を一杯に膨らませる季節でもあるわけです。俺にとってはどっちも一緒ですが、要はひんやりした風に頬をさらしながら前に進んでいく季節なんですよ。素敵。

てことで、47年ぐらい生きてきたらしいオヤジもそろそろ復帰します。

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds