←潜るより掘れ 微妙な狭間で→

20071025: 生肉

日常性の延長にあるポルノはつまらない。そこで行われている行為がどんなに非日常的であってもだ。問題は当事者においての日常性であって、社会的規範においての日常性ではない。つまり、当事者において日常的であるなるなら、それは日常の延長でしかないということだ。

行為の社会的過激さは問題ではない。当事者においてどれだけフレッシュな生肉であったかたかということだけが問題なのだ。

フレッシュな生肉を求めるのが正しい、それを求めなくて何を求めるのか。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /26

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds