←リフト RAKUGAKI:34→

20081024: 淀みの外に

平和って言葉を意識的に使ったことが一度もない。
自分を侵害することが起きないということが平和のわけがない。
自分を侵害することが起きないように
自分にとってのあらゆる外側を従わせることが平和のわけがない。
それこそが侵害だ。
居心地悪すぎる。

起きるべきことが起きない状態は
起きるべきことがナベの中で圧縮されている状態だ。

起きないようにすることは
先送りするということであり
先送りするということは
淀ませるということであり
淀ませるということは
圧縮するということであり
圧縮するということは
爆発するということであり
そしてその爆発を抑えるということは

さらに先送りするということだ。
先送りのための沈黙なんてクソだ

別に先は急がない
急いだら負けなのだ

急ぐということも
先送りのための沈黙と同じなのだ


自分が起こすことと
自分以外のものが起こすことの

関係性の中に居たいのだ

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /1171

Comment(2)

穴の開いたバケツに水を入れて、上から押さえつけたような感じかなぁ。

底がないバケツなら無問題w

確かに。でも普通は出口に門がついてるんですよね。生き物の場合。これが厄介。

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Comments

Feeds