October 2008Archive

081015.jpgLFOのFreakを流してたら描きたくなったので描いてみた。
この曲は怪獣描き用のBGMの一つに入れているもの。きのうはこれを描いたあとに胃が凄く痛くなって何にも出来なくなってしまった。でも何にも思い当たる節がない。変なの。

081014.jpgきのう、DVDでケン・ラッセルのサロメを見た。この落書きはそのイメージ。まあ、映画自体は良くも悪くもケン・ラッセルらしい仕上がり。とても美しいけど映画作品としてはそれほど素晴らしくはない。ただ、ほぼ全編が劇中劇でその舞台自体の人工性がとても好みだった。

嘘が嘘として誰が見てもわかるのにそれが魅力的というのは、なんともひねくれているという気もするが、子供の時からそういうものにはどうしても惹かれてしまう。本物と間違うようなリアリティよりも魅力的な嘘の方が楽しく見える。これを真剣に考えるととんでもないことになりそうなので止めとくけど、ちょっと前に見たメリエスの月世界旅行もまた嘘の魅力にあふれていた。

081013.jpgこの落書きとは別に関係ないけど、絵を描いてると言葉が無くなっていく。それは別に困らない。お話を書いていると饒舌になっていく。それで困ることはある。でも、絵を描いていても思考が止まってるわけじゃない。言葉を使ってないだけで。

絵画的思考や空間的思考や音楽的思考の世界は、言語的思考や科学的思考の世界から見れば、さぞかし未開拓で曖昧でいかがわしく見えることだろう。そして、そう見えてしまう人に正しく説明するすべは無い。

08101201.jpg08101202.jpgしょぼしょぼツールお絵かき熱はやっと収まりを見せつつあるようだ。ちょっと力を抜こう。

08101101.jpg08101102.jpg08101103.jpg

Click to enlarge
本日の落書き。
一枚目は例によって電車。あとのは適当。めずらしくかわいく描こうとしてるよ。3枚目のポーズを想像で描くのはさすがに厳しかった。つか描けてないし。修行が足りん。

08101000.jpg08101001.jpg08101002.jpg08101003.jpg08101004.jpg08101005.jpgまだ遊んでます。きょうから三日ほどはいじれないので、これで落ち着くかなぁ。どうだろ。

絵って、一枚に長い時間をかけていると自分がどの程度描けるのかが見えなくなるようなところがあります。この場合の長い時間ってのは3日とか一年とかってレベルの時間です。たぶんある程度のスピードでやらないと先に進まないような技術の階層があって、その部分が曖昧になっちゃうからです。

ってことで、自分が今どのぐらい描けるのかがだいぶ分かってきた所。

08100901.jpg08100902.jpgウマオさんです。今まで何度も下書きまで行きながら色がつくことは無かったのですが、やっと日の目を見ました。なぜか二枚目は女の子がロリータ風味に。

…すみません。drawr落書きです。やめられないんです。他にも後三枚ほど。ついでに手描きブログまでアカウントを作ってしまう始末ですよ。やれやれ。でもこれらは全部怪獣からの流れなので仕方ないっちゃ仕方ないんですが。

大昔に一度捨てたものがだいぶ蘇ってきた感じです。

« Newer ......... Older »
Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds