←日記:御徒町 冬のはじまり→

20081123: 浮遊する意識

近頃インターネットに対してなんとなくムカついている。理由はとてもはっきりしている。いろんなツールを使って下り側を加速させたからだ。だから正確に言えば、別にインターネットに対してムカついているわけではなく、上りと下りのズレが許容範囲を超えている事態に自分自身で進んで飛び込んでおきながら混乱している自分にムカついているのである。アホは俺だった。ごめんなさい。

でもそこで知りたいことがあったんだからしょうがない。やってみなきゃわからない。そんでそれをやるってことは、傍観者として分析することなんかじゃなく、まんまと嵌められてむさぼりつくすようにやらないとやったことにはならない。少なくとも俺の場合。ゲームでレアアイテムを手に入れるために費やした時間とか考えると、自分でもバカじゃないかとしか言いようがない。どんなに贔屓目に見ても、そこにポジティブな意味なんて見出せないぐらいの不毛な時間だ。

おそらく知りたいことは、不毛な時間に向かわせる欲望なのだ。不毛だとわかっていてもそれを求める理由なのだ。

例えばネットワークゲームをやっていて、いくらそこで金を稼いでも、そんなのゲーム上の金に過ぎないじゃないかとか、ゲームキャラクターに好きな人が出来ても、そんなのただの2次元じゃないかとか、そういうことを言ってられる様な問題じゃないところまで既に来てしまっている。なぜなら現実もまた同じテクノロジーと同じルールを共有していて、株をやることとゲームをやることの違いなんてほんのちょっとの差でしかないように見える(株はやったことないけどね)。セックスにしたって、そもそも男の頭の中なんてものはヴァーチャルセックスと大して違いがないように現実のセックスの中でも乖離していたりもするのだ。

何が起きているのか。
意識が身体から浮遊しているんだと思う。浮遊することをテクノロジーが許しているんだと思う。誰もが望んでいるテクノロジーの方向の一つは、夢見るためのテクノロジーなんじゃないかと思える。乾燥機つき全自動洗濯機が、大画面液晶テレビが、インターネット決済が、生産システムの横型分業構造が、立体造形の自動化が、あらゆる身体性を補助するテクノロジーがそれを支えている。

『不毛であっても夢見ていたい。みんなが夢を求めるなら不毛であっても構わない。身体なんて要らない。あなたが私のことを見ていてくれるなら不毛のうちに死んでも構わない。むしろ死にたい。そうじゃないなら死んだ方がいい。そうだ私は夢の中に入れてもらえない。死んだ方がいいじゃん。私は夢から疎外されている。私の意識はこんなに浮遊しているのに、こんなに誰よりも夢見て、こんなに身体から切り離されているのに、なぜあなたにはそれがわからないのか。あなたの夢が私には見えない。あなたはみんなの夢に属している。あなたの浮遊は幸せそう。私の浮遊は死んだ方がいい』

っていう、自家中毒的浮遊ループがそこに発生する。
たぶん身体を失った意識が、判断基準であった身体性の代わりに見出すものが、同じように身体性を失った他者の浮遊する意識であるときに、このループが生まれる。これは嘘つきの始まりだ。あまりにも柔らかい嘘だ。柔らかすぎて嘘でさえないのかもしれないけど。

俺は意識の錨をもっと自分の身体に降ろすように努力しよう。

03:54
おそらく社会そのものが浮遊している。
浮遊するデストピア。
浮遊する淀み。
社会も身体性を失っているのだ。

かつて浮遊することは
淀みではなく破裂する奇跡のような経験であったのかもしれない
死をもってしか経験することが出来ないよう希望であったかもしれない
夢見ることの究極のような多幸感を伴う経験であったかもしれない

しかしいまや、浮遊する意識はつまらない日常に過ぎない。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /1202

Comment(7)

Respect Mr. TSKB, I comes from China. Your faithful FANS. I want to ask, whether to obtain your 2009 new year's card(?年卡)?

OK.Please teach me your address in mail.(look at the profile in my address)

I have mailed you. Thank You very much.

Your E-mail has not reached me yet. Wasn't it wrong in the mail address?

I used HOTMAIL to send the mail again. I hope you can get it. Thank you

Your mail was received. The New Year's card of Japan will be sent out next year. Please wait till then.

??你, THANK YOU, ありがとうございます

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds