←日記:自転車仮組み RAKUGAKI:41 風景→

20081130: 家とか

今日は家のことについて文章を書いてみようと思ったのだが、あまりにも曖昧なことや困難なことがあり過ぎて、書く前からめげそうになってます。

つまりワタクシには以下のような欲求と課題があります。

1:大家さんから引越しを要求されている
2:住みたいような家はほとんどない
3:住みたいような家があっても買うことも借りることも出来ない
4:自分で家を作りたいと思っている
5:どうせ作るなら自分で考えた家を作ってみたい
6:自分で考えるには何も知らなさ過ぎる
7:作りたい家は軽くてメンテナンスの楽な家である
8:分解と移動が出来ればなお良い
9:世帯や生活形態によってユニットの組み換えが出来ると良い
10:広い作業場は欲しいが広い居住空間である必要は無い

これらの要求を満たす家に近い例はジャパンドームハウスのユニットドームやアメリカなどで利用されているトレーラーハウスなどがあります。アウトドア用のテントなどは耐久性を除けば、ほぼ完璧に要求を満たしています。日本の分譲住宅なども、ある意味工事現場などで組み立てられるプレハブ建築と何も変わらないという工法から見ると、実は要求に応じて組み替え可能なユニットハウスと見る事も出来ます。そこに住んでいる人は誰も自分の家をプレハブ建築だとは思っていないかもしれませんが、軸組みなどの在来工法で作られていないほとんどの住宅はプレハブ建築です。

これらのことから考えられるのは

1:構造を構成するパーツがある程度規格化されている
2:部屋に準ずるようなユニットが組み替え可能
3:軽量化を最優先するなら外壁に皮膜構造を採用する
4:もしくはアルミやカーボンなどのパネルユニットを採用する
5:部材の単位を個人で扱えるようにある程度細分化
6:地面に永続的に固定化するような基礎を必要としない

というようなことです。しかしまだヴィジョンが見えてこない。それはおそらく素材と工法のガイドラインが見えないからです。絵に描けるぐらいのイメージならなんとなく掴めるんですが…

そんなわけで、昨日は以前紹介した犬のしっぽブログの人のテンセグリティ・シェルターのプロトタイプが見られるということで青山のスパイラルで開かれているDO MORE WITH LESS 40 YEARS OF THE NORTH FACEに行ってきました。
テンセグリティ・シェルター.jpg


この大きさのドーム(外側の黒い方)で、構造材の重さは30kg程だそうです。素晴らしく軽い。圧縮材に使われているカーボンの帯板は東レから提供されたものだそうです。触ってもいいというので押したり引いたりしてみると、思っていたよりもずっとテンションは低い。逆にこれぐらい柔軟な方が強風などには強いのかもしれない。説明員の人にナイロン素材の耐久性やポリカーボネートの可能性や接着剤の進化についてなど、訳のわからない質問をしながら1時間ぐらい眺めてきました。

さて、どうすっかな。とりあえずは、つまらない借家を探すしかなさそうですが。ガルクラフト代表の手に入れたトレーラーハウスが羨ましいこの頃。
081130.jpg

関連リンク:
テンセグリティ・プリセッション
ダイナテクチャー
SlelfBuild DomeHouse Site

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /1207

Comment(2)

あ、「なんでも作るよ」の人ですね。いいですよね、あの人。
そういうのでもいいんですけどね。自分で作らないなら。
でも自分で作るなら、もうちょっとひねくれたものがやりたいですね。別に奇をてらう必要は無いんですが、わくわくするようなアイデアを試してみたいです。と、そんな口先より実行の方がはるかに素晴らしいってのは分かってるんですが。

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Comments

Feeds