←アンチブランド 冗長性とモダニズムの隙間に→

20090223: 甘えと依存

甘えと依存が悪いものだとは思わない。
それは薬のようなものだ。
ただし、死ぬまでそれを続けるものだとも思わない。
自分の死という卒業しないとならない締め切りのあるものなわけだし
早いとこ卒業できるに越したことは無い。
急ぐ必要は無いが、確実に卒業する必要がある。
そのために努力する必要がある。
自分の生きる意志において。可能なら他人の巡り会わせを待つことなく。
おそらく甘えと依存はサバイバルの為の一つの方法論に過ぎないのだ。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /1262

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds