←謹賀新年:Happy New Year 心の病→

20101229: 永遠の反語

永遠の反語をずっと考えていた。
それはおそらく、メンテナンスかコミュニケーションだ。
刹那では決して無い。そこに刹那を対比させるのは安易過ぎる。
そしてそう言った時に想定されている状況は新しい永遠なのだ。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /1316

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds