←機械的な少女-3 頭の構造:Mechanical Girl-3 Head internal structure 機械的な少女-1:Mechanical Girl-1→

20150225: 機械的な少女-2 構想:Mechanical Girl-2 Initiative

mg150225-09.jpgmg150225-08.jpgmg150225-07.jpgmg150225-06.jpgmg150225-05.jpgおおまかではあるけれど、全体の構造がだいぶ見えてきたので構想など。

■サイズはライフサイズ。150cmぐらいの身長の足が無い大きさ。それが台に乗っている。

■素材は可能な限り金属。主にアルミと真鍮。少し木材も使うかもしれない。
髪の毛に関しては、皮膚の部分がアルミの磨き出しならば透明アクリル。アルミの上から皮を張るのであればカツラを使う。ここはまだ悩んでいる。

■動力は全て人力。電気は使わない。足踏みを回転運動に変えてリンケージを動かす全体運動と、ケーブルコントロールで動かす腕と頭。これらを自在に組み合わせることができる。

■一人で操作可能。ケーブルの数は20本前後になる予定だが、コントローラーの工夫でどうにかできる見込み。全体的な動きのリアリティを優先したいので、操作できるケーブルの数から逆算して、細かい動きをどこまでやるかを決める。例えば指を一本一本動かすようなことはしない。

■操作は前面と背面、どちらかも可能なようにしたい。おそらくコントローラーを自由に動かせるような構造になる。これは観る人が自分で操作することを楽しむためと、誰かが操作しているのを楽しむのを両立したいから。しかし、これ、アナログなメカニズムだと意外と難しいので、どの程度に実現できるかはまだ未知数。

個々の要素に関しては別でもう少し詳しい記事を書くつもり。これで、もう少し構造が明確になったら、今度は原寸大設計図に取り掛かる。

Trackbacks(0)

Trackbacks URL: /1394

Comment

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds