Works

090313-2.jpg以前お知らせした睡蓮のCDが発売されました。空間の奥行きを感じるサウンドです。ぜひジャケットを眺めながら聞いてみてください。

090313-1.jpgこちらはお城のイラストを描かせてもらったワイン。このお城は有りモノを見て描いたわけではなく、自分で考えた存在しないお城です。お城がどんなものなのか、初めて知ったよ。そして丁度サドルの原型完成に合わせて届いたので、お祝いとして早速白ワインの方を飲ませてもらいました。とても白ワインらしい白ワイン。このワインはここで購入できます。もちろんお店でも呑めますよ。

LIKKA-1000.jpg
Click to Enlarge

3/11に発売される睡蓮というユニットの3rd ALBUMのカバーアートを描かせて頂きました。以前の日記でポーズが決まらないとか書いていたヤツですね。曲の試聴なども出来る公式ページなどは以下です。

睡蓮公式ページ
My Space
My space内のアルバム情報

3rd ALBUM 六花ノ音(licca-no-ne)
2009.3.11発売
NFCD-27170/¥2,100(tax in)
発売:Tearbridge Records / avex entertainment inc.
Amazon
普段あまり音楽を聴きながら絵を描くということはしないのですが、今回は頂いた音源をずっとループしながら描いてました。書籍の装丁でもそうなんですが、こういう仕事の場合って対照を好きになれるかどうかってのがかなり重要だったりします。逆に言うと例えば装丁家の才能ってのは、どんなものでも好きになれる能力だったりもするわけです。そういう意味では自分は装丁家としては失格。デザイナー向きじゃない。でも今回はしっかり好きになって絵が描けたので幸運でした。 LIKKA-500.jpg

plamo00.jpg一年以上にわたって関わってきたプロジェクト[web plamo]が公開されました!

plamo01.jpgplamo02.jpg穏やかな海と空の中を飛ぶarancio号の勇姿!

これはウェブ上でプラモデルを組み立てようというサイトで、ポータルからは恐竜、お肉、飛行艇の三つのコンテンツを選ぶことが出来ます。サクバが関わったのはこの内の飛行艇版です。飛行艇版は様々なカスタムパーツやカラーリングで好みの飛行艇を作ることが出来るのですが、これらの機体デザインを全て担当させていただきました。


plamo03.jpgplamo04jpg.jpg詳細な内容は本家のサイトを見てもらうとして、第二次世界大戦前のイタリアを世界観のベースに置き(ここでピンと来た方もいるかと思いますが、水面下では有名なあのアニメーション映画とリンクしてたりするんですよ)ウェブ上での機体の組み立てから、ジオラマアプリケーションでの凝りまくりのディスプレイ、組み立てた機体は飛行大会(これは今後実装予定。レースでは現実のアドリア海の天候が反映されるとかされないとか)に参加できるという、なんともリッチなコンテンツになっています。サイト、ジオラマアプリケーション、共に要求スペックかなり高めですが、遊び甲斐のあるものになってるかと思います。


plamo05.jpgところでこの飛行艇デザインですが、実はこのプロジェクトのオファーを受けるまでは飛行機のデザインなど一度も考えたことが無かったのです。出された要求は1930年頃のイタリア製の木製モノコックの飛行艇で、流麗なラインを持ち、かつ現実には存在しなかったにもかかわらず、説得力のあるリアリティを持ち、その上かわいらしくキャラクターの立ったデザイン、というようなものでした。素晴らしすぎる要求ですよ。

でも自称「乗り物なんでもマニア」ですからね。好きになれさえすればどんなものでも作れる自信はあったわけです。それに乗り物なんてものは乳母車だろうがスペースシャトルだろうが、みんなある共通の法則の上で出来ているものです。そしてその法則は興味を持って探検すればすぐに見つけることが出来ます。

でも大変なのはここから。架空生物を考えるのも一緒ですが、一通りの理解が出来たところで新しいものが出来るわけではないんですね。かなり興奮して新しいアイデアに出会ったつもりが、実はそんなのとっくに誰かが考えていたなんてことが日常茶飯事なわけです。しかしこれは正しい一歩です。自力で昔の誰かと同じアイデアに辿り着いたわけですから。ここから先は情熱を糧にして数をこなすのみ。出来上がったデザインは割とニュートラルなものですが、自分としてはなかなか可愛いやつになったと思っています。


plamo06.jpgこれは開発初期の頃のラフデザイン。ちょっとモダンテイストが強すぎますね。こういうこともやってる最中にはなかなか見えなくなったりするもんです。

オマケで参考にした優良サイトをいくつか

飛行艇リンク集

81961808_63.jpgMAXAMというヤマハから発売されているビッグスクーターのカスタムパーツのデザインをやりました。製作はガルクラフト。販売はi-knewというショップです。2/1発売のTranScooterという雑誌に第一弾の広告が打たれる予定です。まだ見てないけどどんな風になっているんだろう。2/6にはカスタムスクーターという雑誌に広告が出ます。販売時期はもうちょっと先になるみたいですが興味のある人は要チェックということで。

今までにも何台かバイクのデザインはやっていますが、今回のデザインはあとから載せかえるだけのパーツだということもあって割とおとなしめです。オリジナルと比べるとだいぶ印象は変わってますけどね。81961808_135.jpg装着されているハンドルはガルクラフト代表のデザインです。アルミ削りだしの可変ハンドル。これも販売予定です。81961808_155.jpg

「ぎしぎしあむあむ」という、よく意味のわからん、でもシモに想像力が支配されている人にはすぐわかる名前の自費出版本、要は同人誌に、絵を一枚載せてもらうことになった。

首謀者はYUU菊池・田代ほけきょ・TOKIYAの三人。他ゲスト多数。詳しく知りたい人はリンク先に飛ぶべし。5/5 コミティア72 No,V19abで販売するそうです。メンツを見ると俺だけ浮いているような気がしないでもないが、ま、いっか。

それと、やはり5月(だったかな)に発売される予定のポストカードブックに絵が二枚載ります。こっちは書店で購入可能(たぶん)。これはエロとかフェティッシュ系のものを集めたものになるそうです。詳しい情報はモノが出来てからまた書きます。

信吉茶屋というサイトの信吉さんにお誘いを受けまして、そちらで発行する「メガネ虫の本」というアンソロジーに4ページの絵入り(絵はほとんど使いまわし)の短い文章を書きました。コミティアというイベントに出展するんだそうです。11/21東京ビッグサイト東6ホール、ブースはZ-17b。入場料はカタログ代として700円。サクバは都合がつけばなるべく行きます。今のところ大丈夫な予定。

一回覗いてみたいと思っていたんですよね、こういうイベント。もともとすげぇ出不精なのでこんなことでもない限りなかなか腰が上がりません。でもこれでサクバも同人デビュっすよ。興味のある人はぜひどうぞ。

040720.jpgサクバ氏最近の仕事。

サントリー烏龍茶のキャンペーンサイトで、ゲーム部分のインターフェイスデザインと背景画を渡邉博紀氏と作りました。
烏龍茶についているシリアルナンバーで参加できます。カンフーガールを育て、試合に勝つとなんとiPodが貰えるって。
朱赤のいかにも中国っぽい舞台に、サクバ氏らしい風景が動きます。全部見るには10本位は烏龍茶を飲まないとだめだそうで、試合に参加するには16本(ポイント)だそうです。iPodが欲しい人はがんばってみよー。

......... Older »

Powered by Movable Type

Profile

Archive

Feeds