ru:Tag=[3D]

何日か前に書いたZBrushという3Dソフト、我慢できずに買ってしまいました。あらら。

デモ版で遊んでいたんだけど、いいのが出来てもモデルが保存できなかったりとかして、こりゃもう買うしかないかなって感じに…
まだぜんぜん使いこなせてないんですが、やっぱりかなりスゴイです。このソフト。これだけで何でもやるっていうわけにはいかないけど(モチーフにもよりますが)、それでも十分に使う価値はある。

このソフト2.5Dペイントソフトと言われているんだけど、これを新しい2Dペイントソフトと考えてもいいかと思った。もちろん3Dデータの書き出しにも使えるわけだけど、静止画のレンダリングに限定すると出力は2Dなわけで、そういう意味では3Dロジックを使ったお絵かきツールとして考えるのもありだと思う。

しかし外国のサイトでカード決済って初めてやったけど、すんげぇ不安だった。やってみればどうってことなかったけど、オーダーボタンを押すのにドキドキしまくり。

何日か前に3Dの画像に惚れたことが無いという話を書いたけど、それがくつがえされるのも時間の問題だなという感じがしてきた。

何で惚れることが出来ないような画像が多いかは分かっている。一言で言ってしまえばコントロールされていないからだ。ソフト側がする計算で良しとしてしまっている部分が多すぎるというのもあるし、作る側がそこまでのイメージを持っていないというのもあるし、「写真みたい」に見えればスゴイとされるということもある。それらは道具や既存のイメージの中でしかやっていないということであって、やりたいことがストレートに出ていないということだ。そして何でそんな風になるかといえば、なんと言っても手順が複雑すぎるからだ。

おそらく技術者じゃない人間がコンピュータで何かを表現しようとしたのって、言葉、つまり文学者が最初だろう。ワープロこそが初めて表現に役立ったコンピュータだ。その次が音楽、そしてさらに何年もたって、絵を描く人間がそれに加わった。立体を作る人間はどうだろう。工業デザインの世界では今、まさに全面的な移行が完成しようとしている。でも個人レベルで考えると(特に最終出力の問題が大きいんだけど)まだまだ難しいものがある。でも、それはもう始まっているんだなぁというのは確かに感じることが出来るところまでは来ていると思う。

もう何でもアリだなという感じもするんだけど、やっぱりまだ過渡期なのだ。リアルタイムレンダリングの3Dゲームだってまだショボショボだし、個人が3Dソフトで作ったデータをプロダクトに移し変えようとしたらそれなりの努力を強いられる。それでも、もう芽は出始めていて、なんか大きな変化が近いうちに起きるんだろうという雰囲気がプンプンしている。

きのう書いたZBrushというソフト、初めてフォトショップをいじったときの興奮を思い出した。デモ版を落としてみたんだけど、英語なのに画像ソフトを触っているような感じで何とかなってしまうというところもすごい。まだ見せられようなものは何も無いけど、そのうちちゃっかり使っているかもしれない。

ZBrushという3Dソフトがあるんだけど、これが面白い。メーカー側では2.5Dペイントソフトと言っていて、要するに絵を描くようにモデリングが出来るというものだ。存在自体は結構前から知っていたんだけど、今日モデリング過程のムービーを見たら、あんまりすごいので興奮しまくってしまった。

3D ソフトっていくら直感的な操作が売りのものでも、やっぱり造形の過程が煩雑で面倒だったりするものだ。でもこれはほんとに絵を描くように(というより、粘土を捏ねるように)立体を作ることが出来るみたいだ。ディスプレイスメントというバンプマップ(擬似的に凹凸を作る効果)に似ているけどもっと強力なツールを使ってほんとにブラシで描く様に立体やディテールを作り出してしまう。精密な機械や建物はこれまでの3Dソフトで充分だろうけど、有機的な造形をするんだったら、最強のツールなんじゃないだろうか。

うーん、使ってみたい。このムービーを見ていると、今にお絵かき掲示板ならぬ、造形掲示板が出来るんじゃないかって気がしてくる。

もともと模型好きだしな。しかし3Dの周辺を調べているといっきにCGのいろんなテクノロジーが身近になってくる。映像はもちろんのこと、ゲームやインダストリアルデザインとかもすぐに手が届きそうな感じがしてくるよ。Photoshopで絵を描いているだけだとなかなかそうは行かないもんなぁ。せいぜい印刷どまり。

ところでMayaっていう3Dソフトがあるんだけど、そこで見つけたデモムービーが凄かった。

long hairのデモ

髪の毛って3Dだとかなりネックになる部分だったわけだけど、ここまで来たのかって感じだ。昔いじっていたソフトじゃとてもじゃないけど考えられない。このソフトが学生版だと20万で買えるってんだからさらに驚き。

3Dソフトでレンダリングされた画像に惚れたことが一度もない。ワクワクしたことや感心したことや憧れたことや嫉妬したことは何度もあるのだけど、「惚れた」ということはない。2Dの画像でもCGに限らず滅多にないのだから、3Dだったら尚更なのかもしれない。

俺にとって惚れるということは、全面的に受け入れるということだ。それは良いものでなければならず、作り手という「存在」をあくまでも無言のうちにヒシヒシと感じさせてくれるものでなければならない。

「あなたが作りたいものは何ですか?」という問いには「俺が作らなかったらこの世にないものです」という答えを返すようにしているんだけど、逆に言えばそう感じられないものには惚れることが出来ない。良く出来た3Dのミヤマクワガタには感心するけど、「誰か」を感じさせてくれなかったら、何気なく撮った写真と何も変わらない。かといって、ここが難しいのだけど、押し付けはいただけない。押し付けられるぐらいなら、物凄く良く出来た「誰が作ったのか分からない」ようなミヤマクワガタの方がずっと美しい。ほんとにそうだ。

たまに、この人が作らなかったらこの画像は生まれないな、と思わせるような3D画像に出会うこともあるのだけど、それらのほとんどは技術的に稚拙だったりして、世間的には力を持てないだろうなと思うようなものだったりする。いいものは確かにあるんだけど。
いわゆる「アート」的な価値観がこのデジタルの世界に浸透するのは意外と時間がかかるものなのかもしれない。

補足:
デジタルアート(もしくはコンテンポラリーアートにおけるデジタル技術を用いたアート)はここで言っているアート的な価値観からはズレます。コマーシャルアートとかシミュレーショニズムとかは基本的には面白ければ(もしくは新しければとか、インパクトがあればとか)OKなわけで、それはある意味良く出来たミヤマクワガタと同じです。そしてそれらも、押し付けよりはずっといいわけだけど。

ずっと3Dソフトのマニュアルとにらめっこしていたら目がイライラしてきた。モニターで字を読むのってホント疲れるなぁ。BBSとかの細切れの字を読むのはそうでもないんだけど、まとまったのを読むとだめだ。

3D、覚えます。つうか、一度は出来るようになっていたんだよ。6年ぐらい前だけど。でも覚えたソフトがいきなり別物になってしまって、その上出来が悪くて、誰も使わなくなってしまって、何の役にも立たなくなってしまったのだ。画像のソフトだったら、大体どんなソフトでも触っていれば分かるんだけど、3Dだとそうもいかない。考え方が違うとまるっきり別のソフトになってしまう。少なくとも昔はそうだったような気がする。今はどうなのかな。今日二つぐらいいじっていたけど、多少は方向性が絞られてきているのかもしれない。

3Dを覚えようと思う理由のひとつは、繰り返しが嫌いだということがある。同じものを何度も描いたりするのが好きじゃなかったりするのだ。アニメーターには絶対になれないな。あとはゲーム、もしくは動画への移行が容易だということもでかい。でも一番大きな理由は「模型的リアリティ」が好きだということかもしれない。

「模型的リアリティ」をどう説明したら分かってもらえるかな。あまりいい説明ではないかもしれないけど、「翻訳された立体、もしくは空間」というのが近いかもしれない。絵でももちろんそういう部分はあるけど、模型の場合はもっとシビアだ。どんなダメな形であろうとそれは実際に存在する形になってしまうからだ。それは絵だって物質だというのとは次元が違う。絵が翻訳するのは立体や空間ということで言えばかなり曖昧なものだし、そうであるがゆえの抽象性が絵の自由さと可能性でもあるわけだ。「模型的リアリティ」はそれに比べるともっとそっけないものだ。見るものの努力を要するものだといってもいい。いきおい技巧の巧みさやディテールの細かさに眼が行ったりしてしまうんだけど、そういうことでもない。かといってそれは「彫刻」なのかというと、それでさえない気がする。なにかもっと「遊戯」とか「横断」とか「覗き」とか、時間軸を含めたような価値なのかもしれない。

Powered by Movable Type

Profile

Archive