ru:Tag=[Airplane]

plamo00.jpg一年以上にわたって関わってきたプロジェクト[web plamo]が公開されました!

plamo01.jpgplamo02.jpg穏やかな海と空の中を飛ぶarancio号の勇姿!

これはウェブ上でプラモデルを組み立てようというサイトで、ポータルからは恐竜、お肉、飛行艇の三つのコンテンツを選ぶことが出来ます。サクバが関わったのはこの内の飛行艇版です。飛行艇版は様々なカスタムパーツやカラーリングで好みの飛行艇を作ることが出来るのですが、これらの機体デザインを全て担当させていただきました。


plamo03.jpgplamo04jpg.jpg詳細な内容は本家のサイトを見てもらうとして、第二次世界大戦前のイタリアを世界観のベースに置き(ここでピンと来た方もいるかと思いますが、水面下では有名なあのアニメーション映画とリンクしてたりするんですよ)ウェブ上での機体の組み立てから、ジオラマアプリケーションでの凝りまくりのディスプレイ、組み立てた機体は飛行大会(これは今後実装予定。レースでは現実のアドリア海の天候が反映されるとかされないとか)に参加できるという、なんともリッチなコンテンツになっています。サイト、ジオラマアプリケーション、共に要求スペックかなり高めですが、遊び甲斐のあるものになってるかと思います。


plamo05.jpgところでこの飛行艇デザインですが、実はこのプロジェクトのオファーを受けるまでは飛行機のデザインなど一度も考えたことが無かったのです。出された要求は1930年頃のイタリア製の木製モノコックの飛行艇で、流麗なラインを持ち、かつ現実には存在しなかったにもかかわらず、説得力のあるリアリティを持ち、その上かわいらしくキャラクターの立ったデザイン、というようなものでした。素晴らしすぎる要求ですよ。

でも自称「乗り物なんでもマニア」ですからね。好きになれさえすればどんなものでも作れる自信はあったわけです。それに乗り物なんてものは乳母車だろうがスペースシャトルだろうが、みんなある共通の法則の上で出来ているものです。そしてその法則は興味を持って探検すればすぐに見つけることが出来ます。

でも大変なのはここから。架空生物を考えるのも一緒ですが、一通りの理解が出来たところで新しいものが出来るわけではないんですね。かなり興奮して新しいアイデアに出会ったつもりが、実はそんなのとっくに誰かが考えていたなんてことが日常茶飯事なわけです。しかしこれは正しい一歩です。自力で昔の誰かと同じアイデアに辿り着いたわけですから。ここから先は情熱を糧にして数をこなすのみ。出来上がったデザインは割とニュートラルなものですが、自分としてはなかなか可愛いやつになったと思っています。


plamo06.jpgこれは開発初期の頃のラフデザイン。ちょっとモダンテイストが強すぎますね。こういうこともやってる最中にはなかなか見えなくなったりするもんです。

オマケで参考にした優良サイトをいくつか

飛行艇リンク集
Powered by Movable Type

Profile

Archive