ru:Tag=[Car]

kurogane.jpg怪獣の設定用に昔の車画像を探していて見つけたサイト。

「昭和30年代の車」

乗用車以外の大型トラックなんかの画像もいっぱいあって嬉しくなってしまいました。運転席やエンジンの画像もとてもありがたい。乗用車やバスはマニア画像が沢山あるけど、トラックとかは難しかったりするんだよね。このへんこのへんにたくさん資料があります。

chn11_rpt1833_02_20.jpgせっかくブログ化したので、たまにはブログっぽいことでもやってみようかなと。
BMW GINA Light Visionary Model。BMWから発表されたコンセプトカー。詳細はBMW-webで。動画が見られます。

しかし久々にカーデザインでグッと来た。いや、カーデザインでという言い方は正しくないな。デザイン自体はよくある「カッコイイコンセプトカー」だし。何とこの車、伸縮性のある布張りなのです。しかもその伸縮性を生かしてあらゆるところが可変構造になっている。未来っぽいなぁ。


でも良く考えてみると、外装に布を使うという発想は昔からあるんですよね。自動車に限らず(Velorexとかね)、飛行機でも船でも。建築だってドーム球場を持ち出すまでも無く、皮膜構造の建築は沢山作られているし、そもそもテントなんてものは、建築の原点の一つでさえある。ただ、ここまで有機的な印象を与える使い方をされたことは無かったでしょうね。ドアが開くと出来る皺さえもが爬虫類の皮膚のようでリアルに見えてくる。

こういうのを見てると、どうにもムズムズしてきちゃいます。皮膜可変構造の超軽量建築とかを考えたくなってくる。建築だって乗り物と同じで軽いほうがいいに決まっているんです。基礎だって簡略化できるし、地面への依存が少なければ地震にも強いし、風には空力で対処できるだろうし、改造も組み立ても移動も簡単。アウトドア用のテントじゃ大して耐久性が期待できないけど、50年ぐらいは余裕で使えるような、それでいて折畳み可能で引っ越す時には家ごと引っ越せるような軽量建築がずっと欲しいと思っている。車はあんまり所有したくないけど、そんな家なら所有してもいい。

040918.jpg040918-2.jpgイカレたミニカーを買った。HotWheelというメーカーのやつ。ミニカー、どれぐらい持っているんだろう。50台ぐらいあるかも。でもどれも安いのばっかりだけど。ガレージセールとかに行って、子供のおもちゃの出展の中から変なやつや珍しいのを見つけるとワクワクしちゃう。しかも一台10円だったりして。

[The Bruce Weiner Microcar Museum]
マイクロカー・ミュージアム。素晴らしい。メチャ好み。メッサーシュミットとかは前から好きなんだけど、見たこともないような車がいっぱい。こんなのとかこんなのとかこんなのとかこんなのとか、どれも独創的でワクワクする。

[自動車代替燃料による省エネルギー]
代替燃料に関する現状が良くまとめられている。ニュースとかでも良くやっているからみんな知っているだろうけど、今のトレンドはバイオディーゼル油らしい。軽油に近い特質を持っていてサトウキビやジャガイモなどから作る油。CO2は出すけど、必要とされる植物のおかげでそれが吸収されて+-0になるらしい。動物脂肪からも作れるというところが魅力的。

[エアロトレイン]
日本で研究されている新しい移動手段。地面効果というものを利用して、地上からちょっとだけ浮いた状態でプロペラで推進させる。リニアモーターカーのエコ版みたいなもの。このサイトの中で紹介されている水面効果艇はかなり不気味で楽しい。

--------------------------

ガラージュはやっとライティングソフトを買ったところ。といっても届くのは来週半ば。これでも上手く焼けなかったら、諦めて外注します。

isiyaki.jpg
後ろで燃えさかる炎、石焼き芋カー。よく考えると怖ろしい車だわさ。

カウンタックが走ってました。新宿のアルタ前を。
カウンタックというのはイタリアのスポーツカーです。かなりとんでもないカッコをしてます。こういうのをエキゾチックカーといったりします。

好きなんですよ。カウンタック(ひょっとして以外かな?)。自動車免許持ってませんけど。これはこれでかなりヘンナモノだと思います。エキゾチックと言うよりエキセントリックと言った方がいい感じです。ちょうど高校生ぐらいの時にスーパーカーブームというのがあって、騒いでいたのはほとんど小学生でしたが、学校の黒板を私有化してカウンタックだのミウラだの描いていました。自動車好きは小学生の時からでトヨタの2000GTとかに憧れたりもしていました。

でカウンタックなんですが、あれはデザイナーのエゴの固まりのような車です。デザインしたのは当時ベルトーネというカロッツェリア(イタリアでは車のデザイン工房をこう呼ぶらしい)にいた、ガンディーニという人物。
カウンタックの原型となったストラトス・ゼロなどかなり強烈なデザインをたくさんやっています。
この頃に彼が手がけたコンセプトカーはどれも人間を無視したようなデザインが多く、カッコよけりゃなんでもアリだろっていうノリが人並みはずれて強烈に表れています。カウンタックはバック運転できないぐらい後ろの窓が小さかったり、ストラトス・ゼロなどはボンネットから乗り込むようにデザインされているのです。もちろんこれは時代の風潮でもあり、いかに無機的でクールなデザインで「未来」を表現できるかと皆が競っていたわけです。この時代においては「未来」が流行だったんでしょうね。そしてカウンタックは実際に販売に移された「未来」としては最も先鋭的でなおかつ成功した例だというのは間違いありません。

実は僕がid2000(壁紙になっているやつ)というバイクのデザインをやっていたとき、いつも頭の中にあったのはカウンタックでした。あれと同じぐらいのインパクトを持つバイクをデザインしてみたいとただそれだけを考えていました。それが成功しているかどうかはともかく、なぜあそこまでデザインというものに(そしてデザインが作り出す幻想に)自分が(人が)引き寄せられたのか、今でもよくわかりません。かなり知りたいことなんですけど。たぶん性的な問題であったりとか変身願望であるとか心理学的な説明は色々付けられるのでしょうが、僕が知りたいのはもっと体が納得できるような答えなんです。ん?、修行がたりんな。

ところでカウンタックという名前は、どこだかの原住民の言葉で驚きを表す言葉なのだそうです。日本語でいえば「ギョエー」ってところです。
しかし久しぶりに見たカウンタックはなぜか新宿の街によく馴染んで見えて「ギョエー」とは思いませんでした。それがなぜかとても寂しく感じられて、僕はおもむろに煙草に火を点けるのでした。

Powered by Movable Type

Profile

Archive