ru:Tag=[Exhibition]

2010_01.jpgヴァニラ画廊主催の企画展”Alternative Gothic”に参加します。開催期間は4/12-4/24。詳細はヴァニラ画廊のサイトでどうぞ。サクバは3点の出品予定です。新作はありませんが、自分の作品以外にも多彩な作品が展示されるようですので、興味のある方はぜひ足を運んでください。


100301-1.jpgせっかくなので近況報告も。あいかわらず自転車にはまってます。この写真はフライス盤でチェーンホイールを作っているところ。まさか自分がフライスを使うなんて!新しい工具や技術に触れるのは、ドキドキするしビビリまくるし、失敗も沢山あるけど、出来てしまうと楽しいことこの上ない。そんなわけで、今や全く手の入っていないt-s-k-b号の自転車部品はペダルとシートピラーぐらいになってしまいました。

それとオリジナルカーボンサドルに関する問合せをいくつか頂いています。ウチのサイトをチェックしている人で自転車に興味を持っている人なんて随分少ないと思うのですが、ありがたいことです。こちらは大分時間が掛かっていますが、試作品の5個目が現在製作進行中で、ここへきてかなり完成度が上がってきたかなというところです。全体のフォルムはほとんどそのままなのですが、製法や強度面での見直しが多く、やっと目処が立ってきたところです。見せられるようなものになったらまた公開します。

しかし、アルミを削ったり、粘土を捏ねたりするのは楽しすぎるな。絵を描いている時にはなかなか得がたい、身体が優先で入る没入感がたまらない。これって絵でも可能なんだけど、コンスタントにかなりの枚数をこなしている時じゃないと起きにくいように思う。

paris01.jpg上のバナーでもお知らせしていますが、現在パリのエロティックミュージアムヴァニラ画廊プロデュースの[JAPAN EROTICA'S EXHIBITION] が開催されており、サクバもこれに参加しています。作品だけが初めての海外旅行というわけです。期日は4/3-10/16まで。パリに行く人、パリに住んでいる人(って何人いるんだって話ですが)はぜひ。

paris02.jpg作場知生コーナーが右側に見えます。展示はなかなか好評のようです。

paris03.jpgparis04.jpgおお、ちゃんと箱に電気が点いてる。フランスは電圧が違うのでそれ用のアダプタを用意したんですが、かなり心配したんですよ。

ウェブでは随分と外人の眼に晒されていますが、実物はどんな風に映っているんでしょうね。

071209.jpgかなーりご無沙汰してますがお知らせです。ヴァニラ画廊のコレクション展"CONDENSED VANILLA"に今年5月の個展で展示した、BOのプリント作品2点が出品されます。見逃した人はぜひいらしてください。他の作家の方の作品も盛りだくさんです。詳細はこちらで。12/10?12/22までです。最終日は搬出もあるのでちょっと顔を出す予定です。

このところ依頼の仕事が多くてなかなか告知できるようなことが少なかったのですが、来年に入るとぼちぼちお知らせできるようになるかと思いますのでお楽しみに。

また、自主制作仕事(笑)の方もいろいろ準備中だったりします。こちらは時間をかけてやるつもりですので、次の展示は間が空いてしまうかもしれませんが、その分濃いものになるはず。現在このサイトの体裁を変えたいこともあって、更新は滞りまくっておりますが、やっと少し時間が取れそうなので、なんとかします。

070506_large.jpgヴァニラ画廊での展示"solitude"、無事終了しました。

銀座の裏通りの古びたビルの四階の、扉の閉まった一室の入場料制の怪しい展示という、幾多のハードルを乗り越えて来てくださったみなさん、ほんとにありがとうございました! そして今回気に掛けていても来られなかった人、忙しくて来られなかった人もありがとうございました!

画像は今回の目玉作品(本人はそのつもり)であったCAVEです。レンズを通して両目で覗き込む構造のこの作品、自分自身かなりワクワクしながら作ってましたが、その面白さが、伝わる人にはあっという間に伝わるし、伝わらない人には通り過ぎられるという、まあ当たり前といえば当たり前なんですが、そういうものなのかと逆に新鮮でした。誰もが視覚に対して貪欲なわけではない。ある人は画像から言葉を読むし、ある人は立体に自分の記憶を探す、それで何の問題もないわけですが、もっと強力なメディアにしたいと思ったのもほんとです。

さて、次だな、次。

TALKPOSTER.jpg画像は今行っている展示の5/4のトークイベント用のポスターです。

んでそのイベントについてのお知らせ。
------------------------------------
当日に来られる方で、トークイベントの参加も予定している方は
入場料お支払いの際に画廊スタッフまでお申し付けください。
イベント参加料と引き換えに『イベント限定ミニプリント』をお渡ししますので
それが入場券の代わりになります。

なおトークイベントの入場定員は、60名を予定しています。
事前にそれ以上に達した場合には、締め切らせてもらうことがあります。
ご了承ください。
------------------------------------
ということです。よろしく。
それと、この画像、イベント終了後に2枚プレゼントします。A3サイズ。抽選方法はたぶんじゃんけんw

あとゲストの宮原清氏について一言。
DM の肩書きはディスプレイデザイナーとなってますが、俺にとっての彼は、そういう枠組みを外したところでのモノを作る人間です。実際のところ漫画も描けばキーボードも叩けば、映像を作ったりもしている。でもいちばん肝心なのは、何をしているかではなくて、どうやって作っているかな訳で、悔しいことにあいつの作り出すものは俺にとっての嫉妬の対象であったりもするわけです。ちなみにこのポスターに使用した右上の画像は彼の漫画からの引用です。

07042301.jpg07042302.jpg07042303.jpg今日4/23から作場知生"solitude"展いよいよ始まります!
------------------------------------
■銀座ヴァニラ画廊 入場料:500円 
営業時間:日曜休廊12:00?19:00
     土・祝日12:00?17:00

5/4 17:00? トークイベント
ゲスト:宮原清氏
1000円(入れ替え制 1ドリンク・限定ミニプリント付き)

サクバの居る日?4/23・26・28・5/3・4・5
------------------------------------
今回の目玉は画像中央に見えているデカイ箱です(ついでにプリントもデカイ!しかもほとんど新作)。本物を見ないと分からない仕掛けがあります。ぜひぜひ見に来て下さい!

メディアとしての絵ってとても弱いものだと思っている。不完全だといってもいい。そしてその弱さや不完全さが気に入らなくてしょうがない。ずっとそうだった。

絵が描けるなら漫画を描けと思う。ゲームを作れと思う。アニメを作れと思う。違う観点から言えば、設計図を描けと思う。額縁を作れと思う。教会を建てろと思う。

素晴らしい絵はもちろん素晴らしい。だから素晴らしい絵を描くのだって素晴らしい。それでもなお、絵は不完全だ。

これは機能の話しだ。機能とは使い道だ。包丁があれば魚や哺乳類や植物を捌ける。バイクがあれば300キロでぶっ飛ばして嘘みたいな時間で遠いところに行きつつ、とんでもない緊張感と細胞が沸き立つのを経験できる。ポットがあればお湯が冷めないし、カップラーメンがあれば三分待つだけで胃袋を満たすことが出来る。それが機能だ。

じゃ、絵の機能ってなんだ。
家に絵があったら幸せか?なにがしたくて絵を手に入れるんだ?画集は本だ。あれは絵のフリをしているけど絵じゃない。出来損ないの漫画みたいなもんだ。ここで問題にしているのはたった一枚の絵がもたらす機能だ。だいたいが絵を平面としてみて、その上で絵を楽しむなんてのはごく限られた人がすればいいことであって、そんなものが一般化しないことを嘆いてみたところでそれこそオナニー以外の何者でもない。機能を伴わない製品は滅びる。でもこんなこと言っているけど、絵が嫌いなわけじゃない。俺は絵画的言語を愛しているし、絵画的言語によってコミュニケーションをとるのが好きだし、そのコミュニケーションによって救われたり喜んだ経験がいくらでもあるし、絵画的言語を通してこの人が存在してくれていたことがホントに嬉しいと思ったこともあるし、それらはもちろん絵の機能なわけだ。ただしこの絵画的言語は絵の機能としては不十分だ。なぜならそれは器を伴わないからだ。

美術館やギャラリーが嫌いだ。あんなの器でもなんでもない。行列を作って一体なにをしにいくんだ、あんなところ。絵画的言語によるコミュニケーションをしにいくのか?ありえない。もっとも相応しくない場所じゃないか。要するにショップでしょ?美術デパート。もっとショップとしての誇りと気概をもってプロデュースするべきだ。将来コンビニでエロ本コーナーの隣にサクバのプリントが並ぶようになるのが夢なんです。でもそうはならない。コストパフォーマンスが悪いからエロ本に負けるに決まってる。だからこそ機能を形にする必要がある。

次の個展、あそこでやるのは三回目になるけど、今までも絵の機能を(泣きたくなるぐらい不十分ではあるにしても)絵の中だけに求めるようにではなく展示をしてきたつもり。それがどれぐらい効果があったのかはわからないけど、今度も何かしらはしないと意味が無い。一枚の絵の完成度より、空間や経験の強度が欲しい。そうじゃないと絵が描けない。

今頃ですか?
今頃です。
アホだなぁと思うんだけど、ほんとに。
だってあと一月切っているんですよ。ありえない。
一度は展示のプランをほぼ決めて、作るリストも準備もそれに向けてしていたんですが、どうにもこれまでの経験に収まりすぎる感じと魅力に欠ける感じがして、これじゃいけないと思ってしまった。なんで思ってしまったのか、でも思ってしまったので仕方ないんです。

作りたいものを作らなくてどうするのかと、まあ、そういうことです。それは出来ることでも間に合わせられるものでもなく、まず初めに作りたいものでなくてはならない。出来るし間に合わせるんですけどね。強引にでも。

おかげで少しすっきりしつつある。
でも選ぶ道はなぜか苦しい方にいく、ってのは毎度のことだな。

07:01
覚書:

・箱はその中身を外側の世界から隔絶するために、それ自体が自立しているべきだ。

・箱の自立は内側からの要求に従うが、内側からの要求が外側に引き出されたときには外側からの要求に従う。

・絵は設計図で良い。しかし絵として、光と空間を閉じ込めていないとダメだ。問題なのはその空間がどんな光に満たされているかだ。

・絵と箱の関係は放り投げられるだろう。それがどういうことなのかは想像がつくけど、つまらないような不親切ではないはずだ。

dm300_2007.jpg4/23からの展示のDMが出来ましたので、例によってDM申し込みフォームを復活させました。こちらからからどうぞ。

以前に申し込まれた人、以前の展示で住所を書いてくれた人には、申し込まなくても届きますのでご安心を。また、友達やお店などに配って宣伝してやってもいいぜ、って奇特な方がいましたら、コメント欄にご希望の枚数を書いてくださればまとめて送りますのでよろしくお願いします!これはすげぇ有難いです。

それと今回の展示なのですが入場料を取ります。500円。これはギャラリーからの要望だったのですが、まあ仕方ないかなと。こういうヘンな展示をしてくれるギャラリー存続のためと思って皆さん金払ってください。後お知らせがもうひとつ。5/4 17:00よりトークイベントをやります。こちらは1ドリンク、ミニプリント付きで1000円です。去年は作場がダラダラ喋るだけというイベントにもかかわらず、ギャラリーの入場者記録更新という有難い結果になりましたが、今年はちゃんとゲストを呼んで、より迷走した、ディープなイベントになる予定であります(たぶんアルコール度数高め)。お相手は30年来の戦友であるディスプレイデザイナーの宮原清氏。どんな展開になるのか全然予想が付きませんが、自分自身がすげぇ楽しみなのだけは確か。ご期待ください。

070318.jpg変わらない人はブラウザの更新ボタンを押してみてください。使用した画像は現在製作中の連作の一枚。Solitudeというタイトルに被っている写真は箱の一部です。

そう、今回のヴァニラ画廊での展示テーマはSolitude=孤独なのです。このテーマは狭義の意味ではずっと頭の中で意識しているものなのですが、もうちょっと大きなくくりで扱ってみたいと思っていました。自分的にまだ早すぎるかもしれないという感じもしていて、充分に展開できないかもしれないのですが、まずはとっかかりとしてタイトルだけでもつけてみるかというところです。引っ張られる部分もあるだろうしね。

それと今回の新作の絵は全て白バックを予定しています。これも標本画像のようなものを除いては初めての試み。グラフィックデザインの世界では頻繁に用いられる白バックだけど、絵としてこれを見せるとなるとどうにも抵抗があった。黒は散々使っているのに。不思議なものだ。おそらく、何もしていない、ってイメージが強くあるからだろうという感じはする。それと日本画とかでは背景の素材が箔だったり絹だったりして、それなりに見えてしまうんだけど、真っ白な、しかも光沢紙だったりすると、工業製品のイメージが出すぎて、いわゆる「絵画」というイメージからは離れたように思えてしまうのだろう。

でもね、図鑑大好き、カタログ大好き、設計図大好き、解剖図大好き、な人間としては、伝えたいイメージが光と共に表されていれば、何色だってかまわないよなぁと思う。Solitudeなんだし、白を使わなくてどうするのかと。

というわけで、この個展では白い絵と光に照らされた箱が主役になる予定です。

あとART RUSHでの展示も引き続きやってるんでこちらもよろしく!

070306.jpgクソ忙しくて告知遅れましたが、3/14からのARTS RUSHの企画「空中庭園」に作品を出品します。出品するのは、去年のヴァニラで展示した箱作品が4点(GARDENとWATERTANK2とFACTORYとTOILET2です)と、これまでサイトだけで公開していた写真の作品です。合う額が無かったので、急遽お手製で額装をしたのですが、これがなかなか楽しげで良いので、興味と時間のある方はぜひ実物を見に来て下さい。

それとヴァニラ画廊の方の新作も準備の真っ最中です。こちらは前の日記でも書いたけど、やっと絵描きの勘が戻ってきたところ。でも来週中にはDM用の原稿も出さないといけないので、焦りつつもただの作業にならないように集中しまくっています。もちろん箱の新作も作りますので、こちらを楽しみにしている人もご期待を。

今日から始まるヴァニラ画廊の「ヴァニラコレクション展」に前回の展示で出品した箱作品を3点展示しています。そのうち一点は、前回未完成だった"Water tank2"を完成させたものです。お時間のある人はぜひ来て下さい。詳しくはこちら。ちなみに本日の営業は17:00までです。サクバは今日と最終日の15:00ぐらいから顔を出す予定です。

それとまったく関係ないんですが、ちょっと前のBBSのログ消失に引き続き、このNEWSのログまで消えてしまいました。こちらはバックアップが取ってあったのですぐに復旧できたんですが、ここまでくると誰かの行為とは考えにくいですねえ。だって600ぐらいの投稿があるのにそれを手作業で消すなんていくらなんでも有り得ない。これってサーバの設定に問題があるってことなんだろうか。最近メールまで消えてるしなぁ。レンタルサーバを変えるかなぁ、とか、いろいろ考え中です。

おかげさまで無事終わりましたぁー
トークイベントも最終日も凄い沢山の人に来てもらって本人が1番驚いてます。「作場知生」で検索すると沢山紹介されてるよといわれて、久々に自分の名前を入れてみたらホントに沢山紹介されていてこれもビックリ。とにかく皆さんありがとうございました!!!!

で、今日は何週間ぶりでよく寝たことだし、天気もいいし、展示の後片付けをしなきゃと思って朝から気合を入れて挑んだんだけど、なんかへろへろのダメダメでした。しょうがないのでビールを飲んでポカポカすることにw
お休みって素晴らしい。

イベントの様子や作品写真はあとでまとめるつもりなのでしばしお待ちを。

次回はまだ色々あやふやですが、来年の春ぐらいに出来たらいいなぁとか思ってます。今回箱が楽しすぎたので、もうちっと探索する予定。先ずは実験からだな。

06051601.jpg個展、とても沢山の人に来てもらってます。感謝!!!トークイベントも無事終わってあと少しですけど、ちょっと覗いてみようかなぁ、とか、そういえば行こうと思って居たんだよなぁ、って人はぜひぜひ足を運んでください!

ってことで作品画像を放出。
ブログなんかで展示を紹介したいって方が居たら勝手に落として使ってください。喜びます。06051602.jpg06051603.jpg06051604.jpg06051605.jpg06051606.jpg06051607.jpg06051608.jpg06051609.jpg06051610.jpg06051611.jpg下の画像はトークイベントの様子。入場者53人ですって!びっくり。スタッフも入れると60人ぐらいの人が会場に居たことになります。ギャラリーの記録更新だそうですよ。うひひ。来場してくださったみなさん、酔っ払いのお話に付き合ってくれてありがとうございました!0605160.jpg

132585307_207.jpgプリントが足りなかったり、限定ブックレット付きDVDが出来てなかったり、作品自体が途中だったりして、何にも書けない状態だったんですが、やっとこさ落ち着いてきました。

かなりあたふたしましたがやっつけ仕事になんかはなっていないはずなんで、どうか覗きに来てやってくださいまし!

寝てません。わはは。
つか、まだやることいっぱい、いっぱいあるよ。ぎゃはは。
箱の数が予定より減ったよ。しくしく。
箱がちっちゃいから心配だよ。どきどき。
でも音楽が素敵だから楽しみだよ。わくわく。

さあ、小屋に戻るべ。

あ、そうだ。
サクバは人の顔をおぼえるのがとってもとっても苦手です。一度しか会ってなかったりすると思い出せないかもしれないです。気がつかなかったりしてもどうか気を悪くしないで「思い出せこんにゃろ!」と名乗り出てくださいね!よろしくー。

65257062_31.jpg65257062_196.jpg

63393285_223.jpgブックレットの方も含めていったいどうなるのか?!

って予約どころじゃないね、これ。
鬼のように働いております。
とにかく今のところはとっても素敵なものになる予定!

118018463_41.jpg118018463_159.jpg個展の準備でかなりテンパって来ております。
レスとかメッセージの返事とか遅れまくってますが、
しばらく大目にみてやってください。

落ち着けー落ち着けー

060402-1.jpg060402-2.jpg例によって欲しい人には送りつけますので申し込みフォームを復活。

こちらです。

前回申し込んでくれた人や、個展で住所を書いてくれた人、それとキネガワ堂でガラージュ私家版やプリントを買ってくれた人は、すでに送付予定になっているので申し込む必要はありません。

住所が変わった人、前に申し込んだけど、もう要らないって人は一言どうぞ。
遠かったり忙しかったりして来られない人も遠慮なくどうぞ。

よろしく、よろしくー

vanilla2006-03.jpg人形でちょっと雰囲気を見てみたところ。まだ作りかけなので色とかいじってます。箱には固定しないけど買ってくれた人にはオマケでつけるかも。

それと個展でcollapsoftさんに音楽を担当してもらうことになりました。かなりイメージが広がるものになりそうです。お楽しみに。

もうひとつ、ヴァニラ画廊発行のヴァニラ画報にサクバのインタビューが載ってます。もうギャラリーに行けば貰えるんじゃないかな。興味のある人はどうぞz。

060315.jpg作りまくっているんだけど、時間がないよ。とか言いながらイメージタグを書いていたら書きたかったことを忘れちまったじゃないか!うおーウチもブログにするよー!

つうわけでサクバは日々幸せな製作の日々を送っております。展示にはご期待していただきたい。でも作品が小さいのでちょっと心配。でもでも新しいこと沢山してるし、予感もバリバリなのでどんな結果になってもまあ良し。それと展示期間中のイベントや限定グッズなども決まってきたので近いうちにお知らせしますぜ!

vanilla2006_1.jpgトップページの画像更新。変わらない人は更新ボタンを押してみて。次の個展まで3ヶ月と少ししかないので、自分の追い込み用に変えてみたよ。画像は今作っている小さな立体の一部。

ちょっとばかし日付が空いてしまいましたが、タナトス6での展示が無事終了しました。反省点も多かったけど、発見も沢山あった一ヶ月。スタッフにもお客さんにも助けられまくりました。6-2.jpg会期後半になって設置された100インチスクリーンに投影されたガラージュのデモムービー。左にはデジタルプリント。右には約50号のmixed media作品。6-1.jpg何かと話題になった和室での展示。和室ギャラリー、本気で増えると面白いと思った。だって、作品の見え方がまるで違うんだもん。6-3.jpgどうなることかと思ったトークショウ。(下の2カットは宴会状態の会場)狭い会場に50人以上が入って超満員ですよ。左が俺で、真ん中の人がトーク相手の中嶋監督です。最初は緊張しちゃったよ。だって初体験ですよ、あなた。微妙に噛合わない部分もあったけど、後半はリラックスして喋れたんで、まあ良し。お客さん的には面白がってもらえたみたいなんだけど、慣れてないせいもあって「こんなんでいいの?」って感じ。おかげでその後の懇親会とやらでは酒も入って喋りまくりw朝までエンドレスになっちまいました。ふう。

それにしても新しい経験が多かった。絵なんか描いていると、なかなかお客さんパワーを強く実感することって無いんだけど、それを感じられた展示になった。展示を実現し下さったスタッフの皆さん、来場してくださった皆さん、ありがとうございました!

t6.jpgタナトス6での展示は15日で最終日です。当日は中嶋莞爾監督の「箱」の上映と、サクバと監督のトークショーも行われます。
インタビューは何度か受けたことありますが、トークなんて初体験です。大丈夫なのか、俺。という見世物でもありますので、興味ある人はぜひ。

ところで15日ですが、開場は11時、上映のための開場は16:00からとなります。8日の「はがね」上映時には約40人ぐらいのお客さんが来たそうです。40人といったらあの会場は超満員ですよ。心配な人は予約しておくのがよろしいかと。というわけでサクバとゆっくりお話したい人は、逆に15:00ぐらいまでが狙い目。行こうと思っていたのになんとなく機会を逃していた人は重い腰を上げるべし。

63519447_156.jpg展示始まります。画像は準備中の光景。

土足厳禁の上、怪しいです。その上半分は和室です。
しかもビルの入り口わかりにくい上に狭いです。
でも恐いことないです。せっかく来たのに帰ったりしないで
ビビらないで入って来てね。
よろしく、よろしく!

051209.jpgいくつか日程の修正があったので再告知です。
12/18、1/8or9にイベント、12/22の営業は19:30まで、12/26がお休みになります。
サクバが顔を出すに日に1/7を追加。

それと12/13の初日ですが、来場者全員にミニプリントを差し上げます。大きさはトレーディングカードぐらい。RUの刻印とサイン入り(画像参照)。この展示限定です。物欲で釣ろうという姑息な手段です。欲しい人は無理してでも来るべし。

以下詳細になります。
---------------------------
■場所:タナトス6
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-8-3 丸石ビル6F tel.03-5272-1164
「ビルディ」「麻雀ワセダ」のビル6F(JR高田馬場駅より徒歩約5分)
アトリエサードホームページ
mixiコミュニティ
タナトス6ホームページ
タナトス6通信


■会期およびイベントスケジュール
2005/12/13?2006/1/15
営業時間 13:00?20:00
入場料:無料(イベント開催時を除く)
詳しくはこちら

 ・会期中のイベント及び休日
12/13:展示初日。サクバは会場にいます。
   初日来場者にもれなく「ガラージュミニプリント」プレゼント
12/15:お休み
12/16:演劇/ロビン・グッドフェロー公演「re」→入場料2000
   (サクバのメイン展示は外されます。物販は通常通り)
12/17:演劇/ロビン・グッドフェロー公演「re」→入場料2000
   (サクバのメイン展示は外されます。物販は通常通り)
12/18:終日、映画「STILL ALIVE」完成試写会→入場料1500
STILL ALIVE    (展示は通常通り)
12/20:サクバは会場にいます
12/21:お休み
12/22:営業19:30まで。
12/23:お休み
12/25:サクバは会場にいます
12/26:お休み
12/29?1/4:お休み
1/7: サクバは会場にいます
1/8もしくは1/9 :11:00開場(映画上映の時間までは無料)
     16:30より映画「はがね」上映→前売り2000円 当日2200円
     18:00より映画作家 中嶋莞爾トークイベント
2006/1/15:展示最終日。サクバは会場にいます
     11:00開場(映画上映の時間までは無料)
     16:30より映画「箱」上映→前売り2000円 当日2200円
     18:00より作場知生と映画作家 中嶋莞爾のトークイベント

映画作家 中嶋莞爾の作品世界

60164959_156.jpg以前お知らせした[トーキングヘッズ叢書(TH Series)]「廃墟憂愁」という雑誌の出版にあわせましてタナトス6というイベントスペースで12/13?1/15まで作品の展示を行います。

60164959_252.jpg60164959_45.jpg

また2006 5/8?5/20に銀座のヴァニラ画廊で個展を行います。以下詳細情報です。

-------------------------------------------------
【タナトス6「廃墟憂愁」発行記念/作場知生展】

■展示内容
旧作になりますがMixedMedia系の作品を10点ほど展示予定。
さらにデジタルプリントを何点かとサイン入り書籍などの販売もいたします。
「ガラージュ私家版」も販売いたしますので、
通販に二の足を踏んでいた方はこの機会にぜひ。
(ただしパッケージ内容に含まれる「処方箋」には御名前を入れることが出来ませんのでその点ご了承ください)

■場所:タナトス6
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-8-3 丸石ビル6F tel.03-5272-1164
「ビルディ」「麻雀ワセダ」のビル6F(JR高田馬場駅より徒歩約5分)
アトリエサードホームページ
mixiコミュニティ
タナトス6ホームページ
タナトス6通信


■会期およびイベントスケジュール
2005/12/13?2006/1/15
営業時間 13:00?20:00
入場料:無料(イベント開催時を除く)
詳しくはこちら

 ・会期中のイベント及び休日
12/13:展示初日。サクバは会場にいます。
12/15:お休み
12/16:演劇/ロビン・グッドフェロー公演「re」→入場料2000
   (サクバのメイン展示は外されます。物販は通常通り)
12/17:演劇/ロビン・グッドフェロー公演「re」→入場料2000
   (サクバのメイン展示は外されます。物販は通常通り)
12/20:サクバは会場にいます
12/21:お休み
12/23:お休み
12/25:サクバは会場にいます
12/29?1/4:お休み
2006/1/15:展示最終日。
     映画作家 中嶋莞爾と作場知生のトークイベント予定
     (+フィルム上映会)

映画作家 中嶋莞爾の作品世界

-----------------------------------------------------
【作場知生個展 ヴァニラ画廊】

■展示内容
こちらは全て新作での展示にするべく現在製作中です。ご期待ください。

■会期
2006/5/8?5/20

■場所:ヴァニラ画廊
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第2蒲田ビル4階
TEL&FAX 03-5568-1233
営業 平日12時?19時  土曜・祝日12時?17時  日曜休廊

ヴァニラ画廊ホームページ

mixiコミュニティ

th25cover_sample.jpgもの凄い更新をサボっておりますがお知らせです。

TH Series(トーキングヘッズ叢書)No.25「廃墟憂愁?メランコリックな永遠。」という雑誌にインタビューが掲載されます。カラー口絵4ページ。インタビュー17ページ。気になる方はぜひチェックを!

アトリエサード新刊紹介
取り扱い書店一覧
直販ページ

発売は11/22.つまり今日ぐらいから書店に並ぶようですが、ばらつきがあるみたいですね。アマゾンなどでの取り扱いも一週間遅れぐらいになるそうです。すぐにゲットしたい人は直販を申し込むのが早いかも。

それとこの雑誌掲載にあわせてタナトス6というところで作品の展示とトークイベントなどを行います。作品の展示は12/13から一月の半ばぐらいまでの予定です。展示内容は雑誌の廃墟特集に合わせたもので、mixed mdia系の旧作を中心にしたものになります。個展というよりは企画の一環としての参加という感じで、会期中にはその他のイベントもいろいろと企画されるようです。詳しくはこちらサクバは初日は会場にいます。

トークイベントの方は現在スケジュールの調整中です。年内であれば12/25.もしくは年明けになるかもしれません。決まり次第お知らせします。こちらも興味がある人はぜひ足を運んでください。

4860101332.01.LZZZZZZZ.jpgさらに(といってもこちらは時間が空いてしまいましたが)タイム出版というところから発行されている「post card collection [COMDENSED Vanilla]」というポストカードブックに作品が二点掲載されています。

これは以前に個展やったヴァニラ画廊(春に次の個展を予定しています)のセレクションによるポストカードブックです。掲載作品は[filthy girl]と[yuki]。こちらもよろしく。

かなり遅くなりましたが個展のレポートをアップしました。画像中心でテキストはあまりありませんが雰囲気だけでもお楽しみ下さい。トップページのNEWSリンクの下が入口です。Worksの"in Backgorund 2003"からどうぞ。もしWindowsとかで表示がおかしかったら教えて下さい。

さあ、これでやっと個展の後始末からも解放です。次はガラージュだ。

今回の個展は若い子がいっぱい来た。普通画廊なんかで個展をやったら、入場者のほとんどは25歳以上なんじゃないだろうか。まず何分の一かは作家の友達や身内だ。ファンといっても同年代やそれ以上の人が多かったりする。あとは通りすがりの人や画廊側で呼んだ人。通りすがりで画廊に入る人なんてほんとに限られている。しかも銀座だし。

おそらく今回の来場者の20代前半より若い人の8割は、このサイトで個展をやっているのを知った人だ。そんな子たちがわざわざ普段行きもしない銀座くんだりまで出てきてくれて(ものすごく遠くから夜行バスや新幹線に乗って来てくれた人も!)、僕の作品を見てくれたわけだ。嬉しいったらない。しかもそのうちの少なくない人は、とても軽い財布から(軽さじゃ僕も負けないけど)無い金をはたいてプリントや本を買っていってくれたわけです。これってスゴイことだ。スゴイことだと思うのよ。ホントに。流通の在り方としてとても正しいと思うし、そうじゃなきゃいけないって気がする。もちろん安い作品ばかりじゃやりたいこともできないから、ごく一部の人しか手に入れられないようなものも作ったりもするわけだけど、欲を言えば、それだってたくさんの軽い財布に支えられたっていいわけです。

よくアクセス解析とかを見ていると、[ru]をいろんな人がリンクしてくれているんだけど、同人系と言われているサイトやコスプレのサイトやゴスなサイトなんかが他のリンクとはまったく浮いているような違和感バリバリのウチのバナーを使ってくれいたりして、そういうのを見てもとても嬉しくなる。なんていうか、「届いている」っていう感じがする。いわゆる「画家」のサイトで(っても自分では画家という意識はかなり薄いけど)、そういうところに貼られているサイトは俺ぐらいじゃないの、とか、のぼせ上がったことを思っちゃうぐらい。

間違っていない、と思う。自分のやっていることは。それってすごく幸せだ。

後かたづけや、売れた作品のプリント、などなどなどをやってる内に夜も更けた。レポートまで仕上げたかったが時間切れ。明日からまたちょっと時間が取れないんだけど、なるべく早めに上げます。

それにしても今回の個展はウェブに始まってウェブに終わった個展だった。そもそもギャラリーから声をかけられたのもサイトがあったからだったし、来てくれた人の半分以上はサイトで告知を見た人だったんじゃないかと思う。下手したら三分の二ぐらいいってたりするかもしれない。少しだけ意外でもあり、可能性を感じた分嬉しかった。バイオグラフィにも書いてあるけど、自分の中ではウェブで出来ることの可能性でどこまで出来るのかということを確かめたいという気持ちがかなり強い。ここでやろうとしているプロジェクトもそうだし、キネガワ堂もそうだ。そういう意味で今回の個展は、儚い部分もあるかもしれないけど、確かな部分の手応えも感じることが出来たというのはすごい収穫だったです。

バカ騒ぎあり、事故もあり、恋もあれば、再会もあり、そしてお初もたくさんあった、なんともドラマチックな個展も無事に終了しました。

来てくれた人、ほんとにありがとう!!!!

レポートはまた後日上げます。
今日は自分にもお疲れさまでしたってことで、頂いたお酒を美味しく飲んで寝ます。

個展会場でウェブテントシークレットオフやりやがった。
つうことで生カレーパンが見てみたいヤツはここをクリック。6MBあるんでそのつもりで。

今度の水曜日の17日もギャラリーに行くことにしました。
これであとは18日の17:00?19:00と19日と20日です。
結構いっぱいいっぱいなので午前中とかに来てくれたのに会えなかった人が何人もいるようで申し訳ないです。午後狙いで来てもらった方が確実かも。それと19日なのですがまったく寝ている時間がないので遅めに行く予定でいます。3時とか、4時とか。もしその日に来ようと思っている人がいたら、そんなつもりでいてもらえると有り難いです。

会期もあと一週間。
今回色々思うこともあるんだけど、それはまたの機会に譲るとして、[ru]をやっていたおかげで来てもらえたり、会えたり出来た人がたくさんいます。やっていて良かったと思いました。ほんとに。

031206_2.jpg031206.jpg031206_3.jpg昨日は個展会場で便乗アルマオフが開かれて人がいっぱい来ました。そんでこれは大盛況の図。左手前でタバコすってんのが俺。あとはあのサイトのあんな人やあんな人達。









卍と佐藤康司による俺の顔。左上が卍であとの二つは佐藤康司。









そのまま飲み会になって、案の定お絵かき大会に。描いてるのは俺。つうか写真見るまで描いたの忘れていた。
楽しかったです。来てくれたみんなに感謝。

suimon.jpg
  サクバ氏がギャラリーに居られる日は今のところ、6・12・13・19・20です。が、他にも2日ぐらいは何とか行けるかも知れません。はっきりしたらまたお知らせします。

個展、やっとこさで準備が終わって展示が始まりました。
とりあえず手伝ってくれた全員にありがとう。

きのうはほんとに天気が悪くて、それでも気合い入れて来てくれた人にはほんとに感謝です。楽しんでもらえたでしょうか。

あとkinoboriのうっきーさんお脳の粒のくりちゃん、初日に来てもらったうえに紹介までしてもらっちゃって有り難いったらありゃしない。
他にもリンク付きで紹介してくれてる人も何人もいて、嬉しくて泣いちゃうぞってかんじです。

展示の方は来てもらったときの驚き優先にしたいので、わかりやすい画像はあまり載せていませんが、終了後にはちゃんとレポートします。

売りは大量の鉛筆ラクガキと、新しめのデジタル作品と、このNEWSで使ったりPBBSで描いた絵の激安プリントです。それとマニュアルがないとどうやってプレイしていいのかわからないと思うけどガラージュをプレイできるようにしました。設定画もワサワサと展示してます。

このところの無理のおかげで長い旅行から帰ってきたような気分になってしまっているので、掲示板のレスとかはちょっと待って下さいね。

031201a.jpg 031201b.jpg 031201.jpg
なんとか無事に初日を迎えられました。 朝から雨で寒く、どうかな?とちょっと心配もありましたが、こんな悪天候の日に来ていただいて嬉しかったです。

サクバ氏は酔っぱらって、もうグッスリ。

寝てなさすぎ。
今日はひでぇ顔をしてそうだ。

031129.jpg肝心な部分は出来た。
でもまだ終わってない。
明日もやります。
絵もあと一枚仕上げなきゃ。

でもまだ絵を描いています。
たぶん明日も描いてます。
うひひひひ。

天気予報をみたら個展の初日は雨みたいだ。ガッカリ。
まあ、今それどころじゃないんだけど。

展示用に大判のプリントをあれこれやっている。
かなり大きいのも外注したりしているんだけど、出力してみるとA4ぐらいでやっているのとは随分と違いがあってかなり戸惑う。DMにもした"kain"は「そろそろデジタルでもまともに描いてみるか」と思って、マウスで必死こいて描いた絵だ。その頃もタブレットは持っていたんだけどあまりに感度が悪くてとてもじゃないけど使う気になれなかった。フォトショップも使い勝手が悪くて選択範囲のあれこれをちゃんと理解していない自分にとっては全然上手くできなかった記憶がある。そんでいざデカくしてみたら、データの汚いこと。かなりめげた。

ガラージュのデータにしてもそうだけど、今の目で見ると例えば3Dのレンダリングデータとしてはかなり稚拙だ。でも、作品の価値ってのは、必ずしも「どれだけ使いこなされているか」にあるわけではない。それでもそういう所っていうのはわかりやすく口に出せるような所だし(オーディオマニアの音批評みたいなもので)、グチャグチャいったところで無視できないとこでもあったりするのだ。

しかしデジタルでまともな作品を作っている作家なんてひょっとしてほとんどいないんじゃないだろうかと、今、気が付いた。あくまでも絵に限った話だけど。ウェブ上で頑張っている人は沢山生まれてきているとは思うのに、いわゆる作家活動をしている人では不勉強でまったく思い当たらない。たぶんどんな連想でこんなことをいうのかはまったく分からないかもしれないけど、自分にとってウォーホルの面白いところはシルクスクリーンをファインアートにした点に尽きる。オリジナルのないアート商品の誕生。くだらない話だけどね。

更にくだらない話をもう一つ。俺は世界中でお絵かき掲示板で描いた絵を初めて展示したヤツになる予定(すでにいたら悔しいな)。

うー、プリントのしすぎで耳からプリンタの音が離れねぇ。

さっき急に思いついたんだけど、ブリスターパックみたいな体裁のプリントってスゲエいいんじゃないだろうか?ああ、今頃そんなこと思いついちゃっていいのか俺。全然時間ねぇじゃん。前にも何度か書いたんだけど、額が邪魔なんだよね。ミニカーやフィギュアを飾るみたいに絵を飾ったっていいじゃん。画鋲でポチッと。カッコいい台紙が付いていて、そこに画鋲用の穴が空いているの。いいでしょ?よくない?でももう間に合わないなぁ。

サクバです。
えー、DMが半分しか出来ていないせいで、無くなってしまったので今日の分までで受け付け終了にします。
あとは会場に来てもらえれば、もう一種類のを置いておきますので、来れる人はそちらをどうぞ。

pin.jpg
一日じゅう用事や買い物でうろうろ。 展示で使う予定の、謎なコレ。1000個はちっと多かったかも。
uhu.jpg
DM発送しました。来週半ば頃になっても届かない時は、チムリクのポカが!来てねっぞ!という抗議メールを送ってやって下さいまし。
dmkain.jpg
DMは20日の昼頃に発送しまーす。 これからモクモクと宛名書きしまーす。

ギリギリまで、駆け込み有りでぇすぅヨー。ヨロシク

tenji.jpg
展示案を、ひねり出し中の図。

<お知らせ>
DMの"eternitiy engine"なんですが、画像(性器部分)で引っかかったようで、納品が少し遅れることになりました。なので、お届けできるのは"kain"の方だけになってしまいました。ごめんなさい。1-2日の内には発送する予定です。
"eternitiy engine"は、展覧会に来ていただいた方だけになってしまいますが、ぜひDMを持っていって貰えるようにしますので、その時に。

DMの申し込みが割と届いていて喜んでいます。
コメントとかもほとんどの人が書いてくれていてこれも読むのが楽しい(あ、でも無理に書かなくてもいいんで、ほんとに。申し込んでくれるってだけで充分嬉しいです)。

で、色々読ませてもらって思ったんだけど、ここを見ている人の中には中学生ぐらいからおじさんおばさんぐらいの人まで居て、とくに若かったりすると画廊なんて一度も入ったことがない人も沢山居るんだろうなと思ったわけです。美術学校とか行っていればそんな機会もあるだろうけど、普通の暮らしをしていたら、滅多に足を運ぶような場所じゃないもんね。

画廊ってどんなところかといえば立ち読み奨励の本屋みたいなものです。これ見よがしの売り絵画廊とかは店員がよってきて「おひとついかが?」なんてことにもなりかねないけど、普通はそんなことはまずない。だからどんなところでもズカズカと入っていって思う存分タダ見をしてきていいんです。偉そうなことを言う必要もないし、分かったようなフリをしてうなずく必要もないんです。見たいように好きなだけ見ていいんです。一日の内に何回も来る人だって居ます。

作った人はとにかく見てもらいたいんです。買われるよりもまず見てもらいたい。だって作品は、見られることで初めて自立できるんです。まず見てもらわなかったらなにも始まらない。というよりどこまでも見られることだけがあるんです。

そんなわけで、どんな人でも気軽に来てもらえたらいいなーと思ってます。

それにしても、すごく遠くから来てくれる宣言をしてくれちゃってる人も何人も居て、これにはほんとに有り難いやら緊張するやらです。そんなに遠くから来てもらってガッカリされて帰られたら、悲しいったらありゃしないです。気張って行くんでよろしくです。

----------------------------------

お知らせ:
サクバは会期中は1・6・12・13・19・20は居るようにしようと思っています。午前中とかは怪しいですが、午後はだいたい居るようにするつもりです。

DM用にkainのデータをいじった。
自分で選んだわけじゃなくてギャラリーからの要望。

デジタルで描いたやつってどれも完成度が中途半端だ。デジタルじゃないのも中途半端なのしかないんだけど、アナログの場合は見えているものが全てだからまだ救われる。デジタルの場合はどこがホンモノなのか分からないから、いつまでも気分が悪い。プリントや印刷にまわすといまだに唖然とするもの。

でもまあ、なんとか見切りをつけて終わりにしました。
つうことでトップページにDMの申し込みフォームを作ったです。欲しい人は遠慮なくどうぞ。

展示のことをいろいろ考えているんだが、本質は潤沢な情報量なんだと思った。そしてその情報量の展開なんだと思った。

例えば今回の展示スペースは6M四方ぐらいなんだけど、その空間の中に、マトリックスや宮崎アニメぐらいの情報量が詰め込まれていることを想像してみた。もちろんくだらない情報は削除した上での情報量だ。それは、俺が訪問者としてその場所を訪れたことを仮定してみたときに、かなりワクワクする場所だろうと想像できる。しかし、ベクトルが収束された情報は自覚的な意志を伴わない蓄積された情報以上の情報量を持つ。そんなことは分かってらい!でも収束は自ずと顕れるものでもあるんだよ。ずるいけど。

拡散と見栄は避けたい。
純粋信仰も避けたい。
ごく単純にその場所を訪れた人が、訪れる前よりも立ち位置が狂うような展示をしたいのだ。

可能かどうかは別にして、そんなことを企んでいる。

031105.jpg
この1年間のデッサンを色々並べて、サクバトモミはもがき中である。

なんかもう頭の中がなにもないギャラリーの空間で占有されていて、どうやって埋めてやろうかとグルグルしちゃっているので予告通り明日からここはチムリクに任せることにしますです。よろしく。

でもこういう時って逆に饒舌になったりもするんで、ちょこちょこくだらないことを言ったりするかもしらんけど。

いつものことなんだが、なにかしら自分にとって新しいことがないと気持ちが滅入ってしまうのです。ションボリしちゃう。ノリノリになれなかった仕事ほど後になって悲しくなることはない。悲しい上に恥ずかしくなって穴の中に入りたくなっちゃう。時間がないところでもテンションの高さでヒラメキを導き出すのは割と得意な方なのだが、それでもヒラメキに見放されたままマッタリ落ちちゃう時だったあるわけで、かなりドキドキなのだ。果たして今回はどうなるでしょうか。

ガラージュ私家版だの【ル:通信】だの、このサイトの行方も抱えつつとりあえずの潜伏宣言です。

久々の個展が決まったわけだが、実質2週間ぐらいしか製作期間がない中でなにをやろうか考えている。じっくり時間をかけたような絵だと、一枚でも無理かもしれない。でも、新しい絵がないのはつまらないのでなにかは描こうと思っている。

しかしそれ以前の問題で絵や作品の展示というはつまらないというのがずっとある。誰かの個展に行くにしても、美術館に行くとしても、エンターテインメントとしてはそうとう魅力がない部類だと思うのだ。そりゃ美術界も廃れるよ。教会の絵だったらそのバックグランドにふれるためのツールとして絵があって、それはちゃんとした使い道で退屈なんてことと無縁だったんだろうと思う。少なくとも昔は。ファンアート(ファイン、じゃないよ。こんな言い方はネットを通じて初めて知ったけど)だって、世界観の共有があって初めて成り立つ。絵がピンであって、それだけで絵を楽しむっていうのはやはり退屈なのだ。

最近のギャラリーでグッズを扱うところが増えているのも、どうしたら楽しませることが出きるのかという試みの一つだ。実際に買うかどうかは別として、買うという前提で見ることが出来る価格帯のものが沢山あれば、それだけでものの見方は変化する。楽しめないものが楽しめるものに変わる。見るものと提供するものとの間にマーケットが成立するわけだ。だが、どうせやるならマーケットに依存しない部分でエンターテインメントを成立させたいという欲望は否定できないのである。買えるかどうかとか、世界観の共有とか、そういう見る側の価値観を無視したところで、どうしたって見入ってしまうような力を持たせたい。

いったいどうやったらいいだろう。
逃げっぽくもあるけどライブペインティングでもやるかな。金と時間があれば徹底的に空間を作り込むぐらいのことをやってみたいんだけど、今回はそれは望め無さそうだ。
悩むなぁ。

トップでお知らせしているとおり、個展やります。
ただ今回、企画展ということもあって準備時間がほとんどありません。なのでこのサイトで展示してあるものが中心になります。デッサン系のものと椅子は展示に入ります。その他は未定。できれば新作を何点か作りたい。作りたい、作りたい。作れるかなぁ。時間が欲しいのです。そんなわけでこのNEWSは当日まで俺はお休みしようかと思ってます。その代わりにチムリクがここを担当する予定。

あとDMはまだ出来ていないんですが、欲しい人もいるかと思うので申し込みフォームを作ろうかと思っています。自分がギャラリーにいる日とかもまだはっきりしないので(初日と最終日は必ずいます)その辺が決まったらあらためてお知らせしますのでよろしく!

興味とお暇のある方とお暇のない方も、ぜひぜひお誘い合わせしちゃって来て下さい!

Powered by Movable Type

Profile

Archive