ru:Tag=[Fear]

Monster10.jpg

#画像クリックで拡大表示:Click to Enlarge 怪獣をまとめて見る:View All
最初から続けて見る場合は検索結果を表示させた状態で、
怪獣-0:MONSTER-0の画像をクリックしてからPREVボタンを押す。

Monster09.jpg

#画像クリックで拡大表示:Click to Enlarge 怪獣をまとめて見る:View All
最初から続けて見る場合は検索結果を表示させた状態で、
怪獣-0:MONSTER-0の画像をクリックしてからPREVボタンを押す。

Monster08.jpg

#画像クリックで拡大表示:Click to Enlarge 怪獣をまとめて見る:View All
最初から続けて見る場合は検索結果を表示させた状態で、
怪獣-0:MONSTER-0の画像をクリックしてからPREVボタンを押す。

Monster07.jpg

#画像クリックで拡大表示:Click to Enlarge 怪獣をまとめて見る:View All
最初から続けて見る場合は検索結果を表示させた状態で、
怪獣-0:MONSTER-0の画像をクリックしてからPREVボタンを押す。

Monster06.jpg

#画像クリックで拡大表示:Click to Enlarge 怪獣をまとめて見る:View All
最初から続けて見る場合は検索結果を表示させた状態で、
怪獣-0:MONSTER-0の画像をクリックしてからPREVボタンを押す。

Monster05.jpg

#画像クリックで拡大表示:Click to Enlarge 怪獣をまとめて見る:View All
最初から続けて見る場合は怪獣-0:MONSTER-0の画像をクリックしてからPREVボタンを押す(IEで拡大されなかった不具合は修正しました)。

Monster04.jpg(#この絵はまだ途中だけど、今晩は時間が取れないのでアップ。
描き方変えたら、えらい時間が掛かる。前の三枚も後で書き直す予定)

Monster03.jpg

Monster02.jpg

Monster01.jpg

scream.jpgscream-2.jpgあー、眠くなってきちゃったよ。
PBBSに全部持っていかれちゃったな。
それってどうなんだろうか。BBSみたいのでバラけてんのと、ここみたいにまとまっているのとどっちが面白いんだろう。アクセス数的にはBBSの方が優れているのは分かっているんだよな。リピーターがいるし、携帯やゲームと一緒で中毒性がある。自分のとこでも他人のとこでも書き込んだりするとやっぱり気になるもの。両方出来れば問題ないんだけど、そうもいかないみたいだしなぁ。

ここについてはいろいろ言ってるけど、どうせ書くならやっぱり面白いことが書きたい。そりゃもう、無理してでも書きたい。無理して面白いことが書けるとは思えないけどさ。それでも尻尾(ネタの)さえつかめればどうにかなったりするし。

見方を変えれば必要なのはパワーだ。単純に。
やるべきこと以上のパワーがありさえすればなんの問題もない(たぶん今、尻尾を掴んだ)。技術じゃないんだ。強いて言えばパワーを維持する技術ではあるけど。

でもパワーなんて有限だ。これもまた曲者で本気で有限だなんて思っていたらどんなパワーも出せやしない。それでも出来ることは限られている。結果的に。限られていることにムカついていちゃいけない。もっど出来ることを知るためには出来ないことを経験することだって大事だと言いたい。無駄遣いをしろよって言いたい。無駄遣いをしない人間は自分の出来ることなんてわかるわけないんだ。

苦しいのは嫌いじゃない。
流されるのもちゃんと流されたい。もっと翻弄されよう。

ru000023.jpgru000024.jpgru000025.jpg絵にもよるけど、ほとんどの場合、絵を描いていると文章が書けなくなる。逆も同じ。使っている頭が違う。前のNEWSでデザインと絵のことを書いたけど、こういう違いはほんとにしょうがない。同時には出来ない。だからといってどっちかしか出来ないわけではない。それには時間が必要なだけで。

でも文章と絵が同時にイメージとして出てくることもある。違うな。文章と絵をともなって世界がイメージできることもある。うん、こっちの方が正しい。そんでもって、そういうときにはなんの迷いもなくなる。

わかりにくい言い方かもしれないけど、この違いというのは技術と共に絵を描くのと、イメージに技術を従わせる違いのような気がする。

elephant.jpg吐き出そうとしているのに自分が吐き出そうとしているものと一体化してしまうというのは怖い。それは吐き出すことが出来ないものかも知れないし、今気が付いただけで、最初からずっとあったものなのかもしれない。もしくは吐き出しているその時から時間が止まるようなことだったりするものかも知れない。

いずれにしても怖すぎる。
でも怖いことには蓋をしてはいけないのです。
蓋をしてもどこにも行ってくれないからです。
蓋をしている限りは永遠に存在し続ける。
いくら忘れたと思っていても、ふとした瞬間にそいつは目を覚ます。脅しているわけじゃなくて、なんでもそういうものなんだと思うのですよ。

怖いことがあるならば、それにはいつか向き合わないといけない。だったら向き合いましょうとも。

sick1.jpgsick2.jpgsick3.jpg

scream0.jpgscream1.jpgscream2.jpgscream3.jpgscream4.jpgscream5.jpgscream6.jpgscream7.jpgポミポミ?

ニーム ニーム

パパミペ?

ノニーム ナノニーム

パーモーペー!

ナーノー!ノナーノー!

(ポミ星人とニーム星人の会話)


______________
ガラージュ動作確認アンケート実施中!

Powered by Movable Type

Profile

Archive