ru:Tag=[Landscape]

150129.jpg

120119.jpg120119-02.jpg

100715.jpg

Click to enlarge

090201.jpg

Click to Enlarge

写真をいじるの面白いな。この前のトイレットペーパー滝の写真でもやってたけど、写真を記録やドキュメンタリーとしてのリアリズムから切り離して、単なる素材としてみると、それをいじるのは絵を描くのとほとんど違いがなくなってきて楽しい。

といってももちろん絵を描くのとは違いはある。このぐらいのいじり方だと、絵の7割ぐらいが出来てから空間の深みや色としての光を調整している段階だ。そしてその段階だけに限って言えば、やっていることにほとんど違いが無い。

写真を撮るときに、写って欲しいように写すのは手間も努力も技術も必要で、例えばそんな風に散歩していたりすると、せっかくの散歩が台無しになってしまうので好きじゃない。そして写って欲しいように写すために機材に振り回されるのもかなりウンザリする。そういう意味では欲しい結果があったときにレタッチを存分にするというのは、少なくとも自分にとってはとてもぴったり来る感じだ。

------------------------------------------------------------------

関係ないけど相棒のTimrick新しいブログを始めていて、これが自転車ブログなのだ。最新記事は俺のサドル。実は自分でも投稿できたりするので、あまりにマニアックな自転車ネタはあっちでやろうかと思っていたり。とりあえずはカーボンサドル計画が進行中だったりするので、それほど遠くないうちに何かしらアップされるかも。

081205-01.jpg081205-02.jpg081205-03.jpg081205-04.jpg081205-05.jpg081205-06.jpg081205-07.jpg081205-08.jpg

Click to Enlarge

chirigami.jpgchirigami02.jpgchirigami03.jpgchirigami04.jpgchirigami05.jpg

Click to Enlarge

081128.jpg手書きブログで。他にも後2枚ぐらい。自転車の写真は雨で乗れず断念。これから晴れるのかな。

081030.jpg

Click to Enlarge

手書きブログで描いたやつをPhotoshopでさらにいじった。勇者がうどんを食っているところです。いや、ゲーム画面みたいなつもりで描き始めたもんで。

こういうマップで虫採ったり、キノコ採ったり、魚釣ったり、イノシシ獲ったりするゲームがやりたい。だだっ広いマップで、どこまでも行けて、ひたすら歩き続ける。3Dの主観画面も魅力的だけどさ。でもクォータービューで一番困るのは森の中の表現が難しいことなんだよな。大木の中を歩くのが表現できないんだ。これは散々考えたけど、いまだにいい解決案が見つからない。

あ、それと見りゃわかるけど、サイドバーに手書きブログのブログパーツをくっつけてみた。見たい絵のところでクリックするとその絵のページに飛びます。こっちにアップしてないのもそれなりにあるので興味ある人はどうぞ。

さらに関係ないけど、Tumblrもいじってみてます。Twitterよりは使い道がありそうな気がする。継続的に使いそうなら直接飛べるようにリンク貼ります。Twitterのつぶやきはどうも立ち位置がはっきり出来なくて困る。

080902.jpg

080831-2.jpg

080823-3.jpg080823-2.jpg080823-1.jpgレンズのつもりになって軽く従ってみる。参考画像なし、テクスチャ無し。カスタムブラシ多用。気分はカメラ。これを徹底的にやると、いわゆるスーパーリアリズムで量産された絵とはまたちょっと違うものが出来そうな気がする。だからどうだってわけじゃないけど。

080822.jpg080822-2.jpg

0808221.jpgバカなことばっかり書いてないで落書きでもしなさい!って声が聞こえたので従ってみた。しかし相変わらずフォトショップのグラデーションは汚いな。直しゃいいんだけどさ。

080802.jpgジオラマのような滝を見てきた。箱庭のような滝を見てきた。どんなに小さく切り取っても、そこにはいろんな植物が生えていた。どんなに小さく切り取ってもそこには水が流れていた。もともと世界はそういうものなんだろうと思う。それを忘れてしまうだけで。

05091401.jpg05091402.jpg05091403.jpg05091404.jpg05091405.jpg05091406.jpg05091407.jpg05091408.jpg05091409.jpg05091410.jpgこの2ヶ月ぐらいのもの。ほとんどがゲームのラフとかアイデア出しですね。

asa.jpg
車窓からの夜明け。 人々の顔にいっせいに陽があたるのは、もうすぐ。

ru000076.jpgru000077.jpg自分とこでラクガキ二枚。
二枚ともでかい。
大きく描くのが描きやすいし気持ちいい。
まあ、モニタが小さかったりすると厳しいんだろうけど、割とみんな小さいのを描くなぁと思っていたりする。縮小表示とか出来ればいいんだろうね。ウチで使っているしぃペインターは描いているときは縮小できるんだけど、これが白っちゃけちゃって全然使えない(Winだと違うのかも)。PBBSは平等感があってそれだけで伝わり安いってのもあるし、ライブ感があるし、アニメ機能も面白いしでもっと遊べるんじゃないかと思っているんだけど、どうせ描くならプリントぐらいしたいなとか、徹底的にやってみたいなとか思ってしまう。そうするとどうしても画面の大きさが壁になる。誰でも簡単にコピーできるところにそんな高解像度の絵をおいておくのもどうかと思わないでもないけど、この際せこいことはいいっこ無しだ。何万円もするようなソフトを買わなくたって、ブラウザがあるだけでどんな絵でも描けるってのはスゴク良いことだ。

ru000046.jpg林から流れ込んでくる風がひんやりしている。
夏がなかったような今年は、秋に移るときはいつもみたいにワクワクしないのかもと思っていたんだけど、そんなことないみたい。夏から秋への移り変わりは自分にとって特別な感じがある。思い出があるわけでもなく、季節と呼べるようなものでもないんだけど、この変わっていく日々と共に自分の気持ちの中に満ちてくる、何かに深く向かっていきたいという欲望が大好きなんだ。切なくなるぐらい好き。細い草の中に飛び込んで、下の湿った地面に顔を埋めて、顔がゆっくりと沈んでいく小さな音を聞きながら体の中には沈んだ後の準備が細胞レベルで進められていくような高揚。たまらない。

natu1.jpgnatu3.jpgnatu4.jpgnatu6.jpg夏に写れ!と念じながら撮ってみたけど、あんまり夏にならなかった。念が足りないようだ。身体はいやんなるほど夏なのにな。念写もムズイ。

それと明日からちょっとお休みするかもしれません。
決まりなようなら、またお知らせします。

ru000029.jpg今朝バイクで走っていたらとってもいい気持ちでした。空が高くて、風が吹いていて、雲がいっぱいで、高い雲と低い雲は形が違って速さも違って、低い雲は速く、高い雲はゆっくり。すき間には濃い青の空が見えています。いつも通る道なのに、どこを走っているんだかわからなくなってくる。行ったこと無いけど、ブラジルのスコールのあとでもヒマラヤ山脈の上で雲が通りすぎた後でも同じような気持ちになるんじゃないかと思えるような新しさ。世界が新しいって素敵です。そろそろ梅雨も明けるんですね。

ru000012.jpgru000013.jpgru000015.jpgそっかぁ、PBBSを置いちゃうとここにラクガキを乗せて終わりってことが出来ないんだ。ズルできないじゃん。

だいたいBBS三つって多すぎでしょ。
面倒みきれないよ。早いところ統合したいけど他人のCGIのバージョンアップ待ちじゃどうにもなんないやね。

今、ヒグラシがいい声で啼いています。
でもこれから出かけなくちゃならないんで、まったりもしていられません。いい声なのに。

もっと落ち着いていかなきゃ。
自分の時間を見失わないように。

030616_2.jpg030616.jpg一日フォトショップをいじっていた。ちょっと前にバージョン7にしたんだけど、新機能はほとんど触っていなかったので探検してみたの。う?ん、ブラシのオプションがとにかくスゴイ。最初はどうなってんのか全然わからなかったんだけど、わかってきたらとんでもなくてビックリしました。

新しいペインターは持っていないので比べられませんが、少なくともウチにあるのと比べる限りじゃ、こっちの方がペイントツールとしての自由度は高そうです。使いこなせばテクスチャーとかもあんまり使わないでも行けそうだし(どうせペインターも似たような進化をしているんでしょうけど)。

まあそれにしても、まったく新しいソフトで絵を描いているみたいです。馴染むまでは時間が掛かりそうだ。どうせだからツールの配置や描き方も変えてもっと自分に引き寄せてみようかと思っています。古いバージョンの時もずっと違和感があったし、それなりに使ってはいたけど満足していたってわけでもないので丁度いいかも。

03030301.jpgゴウゴウと風が唸り暗い雲は空を埋め尽くし
雲で出来た丸ごとの空はゆくっりと移動していく
電車を縦に突っ立てたほどの木が
全身に風を受けて揺れている

ここは遠くだ
遠いところだ
俺も木と一緒に風を受けるのだ
体の中にも風を入れるのだ

03030302.jpg03030303.jpg_________________

今日はアップが早い!
画像をクリックすると大きい絵が見られます。
今日の気分はこんな感じってことで。

end1.jpgend2.jpgend3.jpgなんかこのNEWSがプロジェクトなんじゃないかという思いが一瞬頭をかすめたけど、それは考えないことにしておこう。もっと儀式的なフォルムが必要なんだ。娯楽でいいし、娯楽になっていないとダメなんだ。暇つぶしで構わない。そこからなにが始まるかだ。パチスロやカラオケに負けているようじゃ意味がない。

他人をハマらせることなんてある意味簡単なことだと思う。人は簡単に罠にハマる。もちろん口で言うようにはいかないことだってわかっているけど、人はハマりたがっているというのは確かなことだ。ハマるってのはけっきょく恋愛と同じ事なんだ。それが大儲けをする夢だろうと、ロマンチックな憧れであろうと大した違いはないんだろう。どうせハマるんなら、出来るだけ遠くにいけるようなヤツがいい。取り返しがつかないところまで。

決定的でない経験にどれほどの意味があるだろうか。取り返せると思っているのが間違っているんじゃないのか。そもそも取り返すということにいいことなんてあるんかい。

タイムマシンはいらない。
そんなものよりも時間と同じ場所に立つことだ。

Powered by Movable Type

Profile

Archive