ru:Tag=[f]

理解できないことは書くべきではないと思っているが、これだけはどうにも見過ごせないので書いておく。福島は非常事態であると同時に異常事態となっている。前者はすでに不可避的に進行しており、とにかく冷却するしか手が無く、格納容器内の水素爆発が起きないことを祈るしかない状況であるが、後者はあまりにも愚かな人為性によって進行している。戦争を経験したことは無いが、戦争時における国家の振る舞いはこうであったのかと憤りが隠せない。そしてそれを取り巻く犯罪的なまでの無知と鈍さと醜い滑稽さが、この一刻を争う事態を悪化させ続けている。線量の高い地域に住む福島の母子は全員疎開させるべきだ。国の言うことなんか信じてはダメだ。子供にとっての年間20msvというのはそういう値だ。しかもその値はもっとも危険であった時期を計算に入れておらず、さらにはこれまでの内部被爆をも無視している(お粗末な釈明はあったが、もっとも大きいと思われる食料からの内部被爆を計算に入れないってどういうこと?)。どこをどう判断すればそんな基準が導き出されるのか正気を疑う。国がだめならせめて自治体レベルで動くことは出来ないのか(神奈川は受け入れを表明したようだが東京や大阪は動かないのか?)、それさえもダメなら個人でもと思うのに、その個人をも攻撃してしまうような学校や共同体が形成されているとは、やるせなさ過ぎる。校庭に体育座りとか、ペットボトルを持たせないとか、どうかしてるとしか思えない。小佐古敏荘氏の辞任会見を見た福島県の校長が政府の言っている事を信じてきたので動揺を隠せないとか、アホかと思う。今守らなくてはいけないものは、ルールではない、国家の指示ではない、共同体の和ではない、目の前の命だ。そのために共同体も国家もルールも従わなくてはならない。

Powered by Movable Type

Profile

Archive